ベトナム
観光

日本のレトロなタイルが使われているヒンドゥー教寺院「スリ・タンディ・ユッタ・パニ」

社会主義国でありながら、さまざまな宗教が共存しているベトナム。
市内には仏教・道教寺院、教会、モスクなどが点在しています。

今日は、その中からヒンドゥー教寺院スリ・タンディ・ユッタ・パニをご紹介します。

IMG_4166
多神教といわれるヒンドゥー教。
寺院内には象の姿をした神様(ガネーシャ)や鳥の姿をした神様(ガルーダ)のほか、極彩色で描かれたさまざまな神様の絵が飾られています。
色彩豊かで華やかな雰囲気に反して、中には静謐な時間が流れています。

見どころは、壁一面に張り巡らされた美しいタイル。このタイルは日本のもので、大正時代に流行した“エンボスタイル”というものだそうです。

IMG_4176IMG_4175IMG_4168

IMG_4171IMG_4172IMG_4177

IMG_4173IMG_4170IMG_4174

レトロな色合いと柄がとても美しいですよね。

日本のタイルとヒンドゥー教寺院のコラボレーションを見に是非訪れてみてください。

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム