ベトナム
観光
梅村妃奈子と行くベトナム女子旅 前編 [PR]

ハート形の楽園!ベトナムリゾート「フーコック島」を旅しよう

t_DSC1029photo:Yurika Kawano

急成長を続けるアジアらしい活気と、フランス統治下のコロニアル建築が並ぶノスタルジックな趣。そのどちらも感じられる異国情緒漂うベトナムは、女子旅の旅先としていま人気上昇中!さらに近年は、白い砂浜に青い海が広がるビーチリゾートも話題に!街もリゾートも欲張りに楽しみたい女子にとって、ベトナムは完璧なディスティネーションなんです!

本文を読む


 
今回は、ガールズバンド「Silent Siren」のリーダー“ひなんちゅ”こと梅村妃奈子さんと、ハートの形をしたリゾートアイランド「フーコック島」と「ホーチミン」を旅してきました。

フーコック島では、日々のストレスや疲れを癒し、とことんリラックスして過ごし、ホーチミンでは急成長を続けるエネルギッシュなパワーを間近で感じて吸収する……。

梅村さんと旅した3泊5日の女子旅プランを一挙ご紹介です!

t_DSC1206photo:Yurika Kawano
——————
Profile: 梅村妃奈子(ひなんちゅ)
ガールズバンド「Silent Siren(サイレントサイレン 通称:サイサイ)」のリーダーで、ドラム担当。インドネシア、ジャカルタで中学時代を過ごした帰国子女で、旅好き。2011年に読者モデル4名で結成されたサイサイは、2015年にガールズバンド史上デビュー後最短で日本武道館ワンマンライブを敢行。2013年にリリースした『ビーサン』以来、シングル、アルバムあわせて12作連続でオリコンウィークリーチャート10位以内を記録中。
twitter: @hinanchu_twtr / instagram: @hinaofficial0313 / blog: http://lineblog.me/hinakoumemura/

——————next

 

1日目(フーコック島)
9:30 ベトナム最大の航空会社「ベトナム航空」でフーコック島へ

t_DSC0495photo:Yurika Kawano

南北に細長いベトナムの南端に位置する島「フーコック島」までは、南部最大の都市ホーチミンで乗り継ぎをするのが便利。今回搭乗したのは、ベトナム最大の航空会社ベトナム航空

t_0A09271photo:Yurika Kawano

ベトナム航空の午前便でホーチミンに向かえば、その日のうちにフーコック島に到着することができるので便利!スカイトラックス社が認定した4スターに相応しい洗練されたサービスで、快適な空の旅をサポートしてくれます。

※ベトナム航空 日本発⇒ホーチミン 午前便
成田空港(毎日) 9:30発 / 関西空港(毎日) 10:30発 / 中部空港(火・木・土・日) 10:30発 / 福岡空港(木・日) 10:30発 (2016年12月9日現在)

 
画像16_DSC0505photo:Yurika Kawano

梅村さんは今回、ベトナム航空「ボーイング787-9ドリームライナー」のビジネスクラスに搭乗!180度フルフラットのシートで、くつろぎの時間を満喫。束の間の空の旅を楽しみました。

ベトナム航空の詳細はこちら>> | 快適な空の旅!ベトナム航空で行くベトナム女子旅 | 

 

1日目(フーコック島)
16:40 フーコック島へ到着

t_DSC0565photo:Yurika Kawano

ホーチミンで乗り継ぎをしてフーコック島に到着!寒い日本から脱出して常夏のリゾートに到着してテンションも上がります!

 

1日目(フーコック島)
17:30 綺麗なサンセットがお出迎え

_DSC0578ラ ベランダ リゾート フーコック – Mギャラリー by ソフィテル   photo:Yurika Kawano

長閑な風景を横目に車で走ること約20分。今回の宿泊先「ラ ベランダ リゾート フーコック – Mギャラリー by ソフィテル」に到着。トロピカルガーデンを抜けて海辺のサロンに案内されると、そこには海に沈みゆく夕日が!美しさのあまり思わずビーチへかけよってしまいました。

t_DSC0612ラ ベランダ リゾート フーコック – Mギャラリー by ソフィテル   photo:Yurika Kawano

画像6_DSC0653ラ ベランダ リゾート フーコック – Mギャラリー by ソフィテル   photo:Yurika Kawano

 

1日目(フーコック島)
18:30 到着日はホテルのレストランでフレンチ

t_DSC0782ザ ペッパーツリー レストラン   photo:Yurika Kawano

到着日は、明日から思いっきり楽しむためにホテル内でのんびりディナー。ラ ベランダ リゾート フーコックのメインダイニング「THE PEPPER TREE RESTAURANT(ザ ペッパーツリー レストラン)」で、新鮮な海の幸と、自家菜園で育てられたオーガニック野菜をふんだんに使った、モダンフレンチに舌鼓。

t_DSC0736ザ ペッパーツリー レストラン   photo:Yurika Kawano

オープンエアーのベランダ席で潮風を感じながら優雅なひとときを過ごし、早速リゾート気分でいっぱいに。

————–
THE PEPPER TREE RESTAURANT(ザ ペッパーツリー レストラン)
・住所:Tran Hung Dao Street, Duong Dong Beach, 95000, PHU QUOC
・電話:(+84)77 3982 988
・時間:18:00~23:00
・HP:http://www.laverandaresorts.com/restaurants-bars.html

 

2日目(フーコック島)
11:00 自分へのご褒美に!パール工場直営店でお買い物

_0A09511Ngoc Hien Pearl   photo:Yurika Kawano

沖合に真珠貝が育つ環境があることから、真珠の養殖が盛んなフーコック島。島内には、真珠工場や真珠販売店が点在しています。

_0A09507Long beach Pearl   photo:Yurika Kawano

「Long beach Pearl」はオープンしたばかりの大型店舗で、綺麗にディスプレイされた真珠のアクセサリーの数々はどれも良質なものばかり。

t_DSC1255Ngoc Hien Pearl   photo:Yurika Kawano

もっとリーズナブルに真珠を買うなら「Ngoc Hien Pearl」へ。施設内では貝から真珠を取り出す様子を見学することができ、今回は梅村さん自身もチャレンジ!見事、真珠を取り出すことに成功しました!

画像7_DSC1297Ngoc Hien Pearl   photo:Yurika Kawano

直営店では、イヤリングやピアスといった小さなアクセサリーは250,000VND(約7,500円)から並び、日本に比べてリーズナブルに購入することができます。

_DSC1305Ngoc Hien Pearl   photo:Yurika Kawano

————–
Long Beach Pearl
・住所:124 Tran Hung Dao, Phu Quoc
・電話:(+84) 985 85 85 53
・時間:7:30~19:00
・HP:http://longbeachpearl.com/

————–
Ngoc Hien Pearl
・住所:6 Duong Bao, Phu Quoc
・電話:(+84)933 221 221
・時間:6:00~21:00
・HP:http://ngochienpearl.com/

 

2日目(フーコック島)
12:30 フーコック屈指の美ビーチ「サオビーチ」へGO!

_0A09525photo:Yurika Kawano

パール工場を後にして向かったのは、フーコック島の南部にある美しいビーチ「サオビーチ」!白い砂浜と、フーコック随一の透明度を誇る海が広がるサオビーチは、周りを熱帯雨林に囲まれ長閑な雰囲気が魅力。

画像3_DSC1409PARADISOの前のビーチはブランコが人気   photo:Yurika Kawano

海水浴ポイントは、レストラン「PARADISO」の前のビーチもしくは、レストラン&リゾート「MAY LAN 」の前のビーチがおすすめ。

web_DSC1647ビーチベッドやパラソルもレンタルできるMAY LAN前のビーチ   photo:Yurika Kawano

洗練されたビーチがお好みならPARADISO前、アジアらしい賑やかなビーチがお好みならMAY LAN前のビーチを訪れてみてはいかがでしょうか?

_DSC1327PARADISO  photo:Yurika Kawano

のんびりランチを楽しむなら、レストラン「PARADISO」がおすすめ。ベトナム料理はもちろん、パスタやサンドイッチといった洋食もそろいます

————–
PARADISO(パラディソ)
・住所:Bai Sao Beach, An Thoi, Phu Quoc
・電話:(+84) 168 254 5816
・時間:9:00~23:00

————–
MAY LAN(マイラン)
・住所:Bai Sao Beach, An Thoi, Phu Quoc
・電話:(+84) 773 990 779

 

2日目(フーコック島)
16:00 フーコックの名産品、胡椒畑を見学

_0A09650photo:Yurika Kawano

ホテルに戻る途中に立ち寄りたいのが、フーコック島の名産品「胡椒」の畑。「Ngoc Ha Pepper Farm」は、コンパクトな胡椒畑&直売所。時間がなくても気軽に立ち寄ることができます。

t_DSC1668photo:Yurika Kawano

直売所には、シンプルな胡椒の実、粗挽き胡椒はもちろん、塩胡椒といった胡椒を使った調味料も並んでいます。特におすすめは、塩胡椒に加えガーリックが入った一品。味見ができるのでお気に入りを見つけてお土産にしてみては!

_DSC1722photo:Yurika Kawano

————–
Ngoc Ha Pepper Farm
・住所:TL47, Duong To, Phu Quoc

 

2日目(フーコック島)
17:30 沈みゆく夕日をビーチから眺める

_DSC0597ラ ベランダ リゾート フーコック – Mギャラリー by ソフィテル   photo:Yurika Kawano

ホテルに戻ったら、ビーチでのんびり過ごしながら今回二度目の夕日鑑賞。何度みてもうっとりしてしまう絶景です。

t_0A09700ラ ベランダ リゾート フーコック – Mギャラリー by ソフィテル   photo:Yurika Kawano

日が沈んでからはホテルのガーデンで開かれていたワインパーティーに参加!高級リゾートホテルならではのハートフルなおもてなしが嬉しいかぎり。

 

2日目(フーコック島)
18:30 ビーチ沿いのレストランでシーフードBBQに舌鼓

_DSC1870ルジャルダン   photo:Yurika Kawano

2日目の夜は、シーフード三昧のディナーを!海辺のレストラン「LE JARDIN(ルジャルダン)」では毎週火曜日にシーフードBBQビュッフェを開催中。カニにホタテ、魚、貝と、ずらりと並んだシーフードは圧巻!

t_DSC1926ルジャルダン   photo:Yurika Kawano

好きな食材と調理法を伝えると、その場で調理して出来立てを味わえるシーフードBBQビュッフェ。思わず食べ過ぎてしまいます。

————–
LE JARDIN(ルジャルダン)
・住所:Tran Hung Dao Street, Duong Dong Beach, 95000, PHU QUOC
・電話:(+84)77 3982 988
・時間:10:30~23:00
・HP:http://www.laverandaresorts.com/restaurants-bars.html

 

2日目(フーコック島)
20:30 ナイトマーケットへGO!

t_DSC1951photo:Yurika Kawano

食事の後は、地元の人々や観光客で賑わう「ディンカウ・ナイトマーケット」へ。500mほどの通りには、生け簀に入ったシーフードを調理してくれる食堂や、ローカルフードの屋台、デザートの屋台などが軒を連ねます。

t_DSC2075photo:Yurika Kawano

今回は、ベトナムのローカルスイーツ「Bain Keo Chi(バイン・ケォ・チィ)」にトライ!パリパリのせんべいにココナッツの果肉と細く伸ばした飴を挟んだ、昔ながらのスイーツです。

t_DSC1979photo:Yurika Kawano

食堂からレストランまで多くの飲食店が並ぶディンカウ・ナイトマーケットは、もちろん食事に訪れるのもおすすめ。アジアらしい熱帯の夜を楽しめます。

_DSC2163 photo:Yurika Kawano

————–
ディンカウ・ナイトマーケット
・住所:Duong Dong, Phu Quoc
・時間:18:00頃〜

 

3日目(フーコック島)
9:00 出発までホテルでのんびり

t_0A09452ラ ベランダ リゾート フーコック – Mギャラリー by ソフィテル   photo:Yurika Kawano

フーコック最終日は、チェックアウトの12時までホテルでのんびり。まるで海辺に佇む邸宅のようなホテル、ラ ベランダ リゾート フーコックは、どこをとっても居心地がよく梅村さんも大満足!

t_0A09408ラ ベランダ リゾート フーコック – Mギャラリー by ソフィテル   photo:Yurika Kawano

t_DSC1146ラ ベランダ リゾート フーコック – Mギャラリー by ソフィテル   photo:Yurika Kawano

お気に入りの場所で読書をしたり、プールで泳いだり、羽を休めてのんびり。

画像4_DSC2295ラ ベランダ リゾート フーコック – Mギャラリー by ソフィテル   photo:Yurika Kawano

————–
ラ ベランダ リゾート フーコック – Mギャラリー by ソフィテル
・住所:Tran Hung Dao Street, Duong Dong Beach, 95000, PHU QUOC
・電話:(+84)77 3982 988
・HP:http://www.laverandaresorts.com/ (英語) / http://www.accorhotels.co.jp(日本語)

 

12:00 ホテルを出発 一路ホーチミンへ
フーコック島に別れを告げて一路ホーチミンに移動

3日目の午後からは、ホーチミンで1泊2日遊び尽くす欲張り旅のスタートです!

つづきを読む>>

 
 
ベトナム女子旅はベトナム航空で!
>>運賃、運航スケジュールを調べる

 
ベトナム情報は魅力満載の専門情報サイトで!
>>「Meets Vietnam ~人を通して出会う旅と、人に出会って楽しむ旅と~」

 
 
※情報は取材時(2016年12月)のものになります。
※モデルプランの時間はあくまでも目安になり、交通事情などによってはこの限りではありません。

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム