タイ
観光
フォトジェニックなナイトマーケットにアートヴィレッジ

タイの古都チェンマイで訪れたいおしゃれスポット5選

プローン・ルーディー・ナイト・マーケット ©世界遺産イェーイ!

「北方のバラ」と称されるタイ第二の都市チェンマイ。緑豊かな山岳地帯に囲まれた町の至る所に、煌びやかな寺院が点在している美しい古都だ。最近チェンマイで増えているのが、おしゃれなスポット。ハイセンスなカフェやアートヴィレッジ、フォトジェニックなナイトマーケットなど、チェンマイで訪れたいおしゃれスポットを5つご紹介!

本文を読む


1.オープンエアーのおしゃれな屋台村
「プローン・ルーディー・ナイト・マーケット」

©世界遺産イェーイ!

チェンマイ中心地で毎晩深夜まで開催されているナイトバザールのすぐ近くにある「プローン・ルーディー・ナイト・マーケット」は、オープンエアーのお洒落な屋台村。夜は心地よい風が吹くチェンマイで、音楽の生演奏を聴きながらタイ料理に舌鼓をうつのは至福の時だ。屋台のメニューは、タイ料理、和食、イタリアン、スイーツなど種類が豊富。ビールやカクテルは車を改造したバーで販売されている。

©世界遺産イェーイ!

華やかなパフォーマンスから多くの客が注文している人気メニュー「シーフード炒め」。辛さの度合いはお好みに応じて選ぶことができる。ビニールの手袋をはめて豪快に頂こう。

©世界遺産イェーイ!

SNSでも人気を集めているタイでポピュラーなロールアイス。凍ったプレートにクリームとトッピングをのせて、アイスが固まったところでロール状に削りとる。見ているだけで楽しめる一品だ。

©世界遺産イェーイ!

時間帯によってはタイ舞踊のパフォーマンスも行われる。新しくて清潔な屋台なので屋台初心者にもおすすめ。チェンマイ・ナイトバザールの買い物と合わせて訪れたい。

プローン・ルーディー・ナイト・マーケット(Ploen Ruedee Night Market)

住所 Chang Klan Road Amphoe Muang Chiang Mai
電話 (+66)52-001-575
時間 18:00~24:00 ※日休
HP https://www.facebook.com/ploenrudeenightmarket/

2.タイのお茶専門店
「モンスーン・ティーハウス (Monsoon teahouse)」

©世界遺産イェーイ!

ピン川沿いの静かなエリアにある、チェンマイではちょっと珍しいお茶の専門店。スウェーデン出身のオーナー、ケネス氏は、北タイのお茶に魅せられチェンマイに移住。現在はお茶の生産も行っている。

©世界遺産イェーイ!

店内は、広々としておりゆったりとお茶が頂ける。天気の良い日は太陽が差し込むテラス席もおすすめ。お茶以外のメニュー、新鮮な茶葉や発酵茶を使ったサラダや点心も味わってみたい。

©世界遺産イェーイ!

茶葉は量り売りもしている。人気のフレーバー「サイアム・ブレンド」は、レモングラスなどハーブがブレンドされており、タイらしい爽やかな味わいのお茶だ。

モンスーン・ティーハウス

住所 328/3 Charoenrat Road Wat Ket,Amphur Muang Chiang Mai
電話 (+66)52-007-758
時間 10:00~20:30 ※日休
HP https://www.facebook.com/pages/Paper-Spoon-Coffee-Shop/132855196787701

3.ニマンヘミンのおしゃれなカオソーイレストラン
「カオソーイ・ニマン (Kao Soy Nimman)」

©世界遺産イェーイ!

ハイセンスなショップが並ぶニマンヘミン通りのソイ(小道)にあるレストラン。通りに面した明るい店内にはミシンなどのアンティーク家具が置かれ、レトロな雰囲気。

©世界遺産イェーイ!

チェンマイ名物「カオソーイ」は、カレー味のスープに卵麺を合わせ、揚げた麺をトッピングして頂くカレーラーメン。柔らかい麺とパリパリとした揚げ麺と2種類の絶妙な食感が味わえるのが特徴。具材は、定番の鶏肉に豚肉、珍しいところでは卵焼きやソーセージなども。

おすすめは、卵焼きをトッピングしたカオソーイ。卵焼きというよりは「卵揚げ焼き」という感じでしっかりと揚げられており、まるで厚揚げのよう。マイルドなスープがじゅわっと口の中に広がる。

チェンマイのカオソーイ専門店は、、食堂のようなお店が多い中で、おしゃれなカフェのような雰囲気のカオソーイ・ニマンは貴重なお店。買い物の途中にふらりと立ち寄りたい。

カオソーイ・ニマン

住所 137, Soi Nimmana Haeminda 7 | Su Thep, Chiang Mai
電話 (+66)53-894-881
時間 11:00~20:00
HP https://www.facebook.com/KAOSOYNIMMANSOI7

4.小さなお家カフェで、ゆったりとくつろぎの時を……
「ペーパースプーン (Paper Spoon)」

©世界遺産イェーイ!

チェンマイ市内から車で20分程度、神秘的な洞窟の寺院ワット・ウモーンのすぐ近くにある隠れ家カフェ。小さな2階建ての木のお家を見ると、子供の頃におばあちゃんの家に遊びに来たような感じで、どこか懐かしい気分になる。

©世界遺産イェーイ!

1階のテラス席の他、風通しの良い2階席もある。木材や廃材を利用してリノベーションされた建物は、居心地の良い空間が広がる。カフェでオーダーできるメニューは、コーヒーやお茶、焼き菓子など。

©世界遺産イェーイ!

敷地内には、カフェ以外にいくつか小さなお店があり雑貨や洋服などを販売している。コーヒーを片手にお買い物を楽しむこともできる。ワット・ウモーンを訪れた後の休憩にぴったりのカフェだ。

ペーパースプーン

住所 Su Thep, Amphoe Mueang Chiang Mai
電話 (+66)85-041-6844
時間 10:30~16:30 ※火水休
HP https://www.facebook.com/pages/Paper-Spoon-Coffee-Shop/132855196787701

5.アートをコンセプトにショップやカフェが集結
「バーン・カーン・ワット (Baam Kang Wat)」

©世界遺産イェーイ!

ワット・ウモーンやペーパースプーンから車で約5分。緑豊かな広い敷地に、雑貨屋やアトリエ、陶芸工房などアートをコンセプトにした17店ほどのお洒落な店舗が点在している。

©世界遺産イェーイ!

ハイセンスな雑貨や、藍染製品などアーティストが手がけた製品は、買いたくなってしまうものばかり。レトロな雰囲気のカフェなどもあるので休憩しながらお買い物を楽しもう。

©世界遺産イェーイ!

バーン・カン・ワットはアートな体験ができることでも有名。絵画教室や、苔玉作りなどは人気のワークショップだ。その他、陶芸や雑貨作りの体験教室に、子供向けの教室もあり幅広い年代で楽しめる内容となっている。毎週日曜日の朝市では、洋服やアクセサリーの他、食事やドリンクなど、様々なものが販売され地元の家族連れなどで賑わう。日曜日にチェンマイに滞在したらぜひ訪れたい。

バーン・カーン・ワット

住所 191-197 Soi Wat U Mong | Suthep Subdistrict, Chiang Mai
電話 (+66)98-427-0666
時間 11:00~18:00 ※月休
HP https://www.facebook.com/Baankangwat/

(photo & text :Kanoko Suzuki)

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム