タイ
グルメ
バンコクでベトナムの味を食べ歩き

バンコクのベトナムタウン朝市「サンデー・ベトナミーズ・マーケット」

著者撮影

バンコク・ドゥシット区で毎週日曜日に開催されているユニークな朝市「Sunday Vietnamese Market(サンデー・ベトナミーズ・マーケット)」をご紹介します。

本文を読む


 
マーケットが開催されているのはタイ語で「Baan Yuan(ベトナムタウンの意)」と呼ばれる地域。ベトナムにルーツを持つ人たちが古くから生活しているエリアです。


著者撮影


著者撮影

マーケットには生鮮食品やタイ料理を販売する屋台が多く出店しており、一見するとタイの一般的なローカルマーケットと何ら変わりないように見えるのですが、じっくり見て周るとベトナム由来のローカルグルメをたくさん発見することができます。そのなかには人が群がる人気屋台がいくつかありますので、気になる屋台を見つけたら、地元の人たちと一緒に行列してみてはいかがでしょうか。


著者撮影

特にたくさんの人で賑わいをみせるのがマーケット最奥にある写真の食堂。ベトナムの麺料理「Banh Canh(バンカン/40バーツ・約135円)」を求めて多くの人が行列をなす人気店です。


著者撮影

白身魚がたっぷり入ったこちらのBanh Canhは食べ応え十分。シンプルな見た目ながら、味わい深いスープは絶品です。とろとろのスープともちもちした食感の麺との相性も良く、人気ぶりに納得の一杯ですよ。


著者撮影

マーケットのすぐそばにはカトリック教会「St Francis Xavier Church」があり、日曜朝のミサに参加するために多くの人が集まります。マーケット散策のついでにこちらの教会にも是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


著者撮影

なお、マーケットに出店しているベトナム料理の屋台は9時を過ぎると店じまいしてしまうところが多いようです。いろいろな店を食べ歩くのであれば、7時台に訪れるのがおすすめです。

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム