タイ
グルメ
「思いがけない幸運に恵まれる」

タイ大好き日本人姉妹の夢が詰まった本格紅茶専門店「Serendib tearoom」

DSCF3042-680x453

スリランカと聞いて、一番最初に何を思い浮かべますか?

本文を読む


-ウィッキーさん!

-スパイス!

-紅茶!

そう。スリランカは茶葉の輸出量世界一の国なのです。意外と知られていませんが、スリランカは1948年にセイロンという国名でイギリスの自治領として独立。スリランカという国名になったのは1978年と、結構最近のことです。

 

今回ご紹介するのは、スリランカを中心としたオリジナルブレンドティーを出すカフェ「Serendib tearoom」。姉が移り住んだことで身近になったタイでカフェをオープンさせた日本人の素敵姉妹のお店です。店名のSerendibとは、「思いがけない幸運に恵まれる」という意味と共に、実はスリランカのことを現すアラブ語の古称でもあるとのこと。

1013219_493815754042966_1355672977_n

アソークの駅からゆっくり歩いて10分ほど。ぷらぷらとお散歩感覚で歩いていると、ひょこっと看板が出てきます。看板を曲がって一番奥のお家。高い天井と開放感のある大きな窓。2階は半個室になっていて、小物使いもエキゾチックな空間に統一されています。

 

自分の足で紅茶農園を巡ってブレンドしたオリジナルティー

DSCF3037

無類のお茶好きの私は、常夏のタイでも常にホットティーを注文しますが、いつも残念だと感じていたのはほとんどのお店が、ポットにティーパックを入れたままでサーブすること。Serendibでは、日本の紅茶専門店で働いていた妹さんが買い付けた農園の紅茶を、種類によって茶葉の量や淹れ方を変えて、ベストな状態で出してくれます。特に紅茶は茶葉の種類、淹れ方で全く味が変わってくるため、専門店ならではの心配りが嬉しい限りです。

 

身体の中からキレイになる スリランカカレー

スリランカは南インドに近く、カレーが主な主食です。スリランカを旅行中、毎日スリランカ料理を食べていたら、普段超便秘の私が、毎日数回の快便に。ガイドに話を聞いたところ、スリランカはまだまだ本当に自然のものとスパイスだけでカレーを作っていることがわかりました。Serendibのスリランカカレーも同様、塩の他はハーブやスパイスのみのスリランカ流。知名度は低いものの、身体に良いものだとわかるスリランカカレーは、タイ料理に飽きたら是非取り入れたいところです。

 

これぞ求めていた本当のケーキ

1175309_511155088975699_690633658_n

ケーキは日替わりで数種類用意されていて、全て妹さんの手作り。パテシエとしてお菓子作りに関わっていたという彼女の作るケーキは、どれも甘さがぐっと控えめで、素材の味が引き立つ優しいケーキばかり。お目当てのケーキがなかったとしても、その時目に付いたケーキを是非食べてみて。どれを頼んでもあっと驚くほどの美味しさに、リピーターが後を断ちません。

 

ブレンドティーは販売も

DSCF3051

定番品から季節に合わせて用意するスペシャルブレンドなど、常時数種類の紅茶が販売されています。家でもきちんと美味しい紅茶を淹れて飲めることこそ、贅沢というのではないでしょうか。

 

DSCF3041

バンコクという都会の喧騒に疲れた時に。友達とゆっくりお茶の時間を楽しみたい時に。駅からふらっとお散歩がてら訪れてみてはいかがでしょうか。

 
こちらも合わせてCheck!
おしゃれカフェ急増中!自家焙煎コーヒーとエッグベネディクトを朝食に!

 

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム