タイ
観光

水かけ合戦!タイのソンクラーン祭り

140320_songkran

 

タイの旧正月で、太陽の軌道が12か月の周期を終えて新たに白羊宮(おひつじ座)に入る時期をお祝いする伝統行事として受け継がれている「ソンクラーン」。現在は、毎年4月13日~15日の3日間に行われるもので、タイの祝日にも定められているこのお祭り。一年で最も興奮に満たされる季節がまもなくやってくる。

 

世紀を超えて、ホスピタリティと愛、そして家族やコミュニティ、社会との強い絆のシンボルとしてお祝いされてきたソンクラーン。元々は仏像や仏塔へ、また家族の年長者の手に水をかけてお清めをするという伝統的な風習があり、同時に常夏の暑さを和らげるものとして親しまれてきた。近年では、それが転じて街の往来で通行人同士が水をかけ合って楽しむ水かけ祭りとして知られるようになり、この祭りを目当てに訪れる観光客も多いという。

 
托鉢の僧侶に食べ物を献上する伝統的な仏教儀式が行われるほか、首都バンコクの大規模な水かけ合戦や、チェンマイで行われる砂を使ったパゴダ作りコンテスト、アユタヤの象との水かけ合戦など、各地の特色を出した様々なイベントも見どころだ。もちろん水かけ合戦に参加するならば、水浸しになることを覚悟すべし。服装や持ち物には十分に注意を払って、準備万端で臨もう。

 

ぜひこの時期にタイを訪れる人は、各地の日程と詳細をタイ国政府観光庁ホームページでチェック。

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム