TRIPPING! トップ × ASEAN × タイ × バンコク × わたし流Airbnbスタイルvol.1「バンコクで高級コンドミニアムに滞在してみた!」
Loading
2014.10.15 14:10
この著者の記事 airbnb Airbnb(エアビーアンドビー)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

bnr_02

東南アジア各国在住のレポーターが「暮らしているからこそ分かる旬な情報」をお届けしているTRIPPING! 「その国の暮らしを感じる旅」を日頃から意識し、提案することもしばしば。そんなTRIPPING!のコンセプトとシンクロするサービスがある。「暮らすように旅しよう」をスローガンに掲げ、世界中の宿泊場所シェアリングの情報が集まるWebサイト「Airbnb(エアビーアンドビー)」だ。

 

Airbnbは、空き部屋などの宿泊場所の提供者(ホスト)と、宿泊場所を探している旅行者(ゲスト)を、個人間で繋いでいるプラットフォーム。現在世界190カ国34,000以上の街で宿泊場所がシェアリングされている、今話題のサービスだ。

「え!個人のお宅に泊まるの?ホームステイ? 自分には無理かな〜」とお思いの方も少なくないかもしれない。かく言う私も最初はそうだったのだ。しかし一度体験すると、その魅力にハマってしまう。

>>Airbnbの詳細はこちら

 

そこで今回編集部スタッフが「わたし流Airbnbスタイル」を公開!
第一弾は、バンコク編! 出張でバンコクを訪れることになったTRIPPING!編集部スタッフが、期間限定のバンコクオフィスとしても利用できるような宿泊場所を探して滞在してみた!

 

わたし流Airbnbスタイルvol.1 ~バンコク編~

「憧れのコンドミニアムに滞在してみた!」

◯メンバー 編集部スタッフ2名+カメラマン
◯宿泊場所に求める条件リスト
・ 貸し切りOKなコンドミニアム
・ 2ベットルーム2バスルーム以上(男女混合チームのため、これはマスト)
・ 心地よいリビングダイニング(仕事をするスペースを確保)
・ 予算は大人1名4,000円〜5,000円/泊(今までの滞在より予算を抑えて)
・ 毎日アクティブに行動するので、バンコク中心地の駅(BTS、MRT)から徒歩圏内
(渋滞がひどい時間帯はタクシーを利用しないようにしているため)
・ ワイヤレスインターネット(これは基本中の基本)
・ レセプションスタッフ(セキュリティー重視)
・ プール&ジム付き(リラックスタイムも重要!?)

 

「さすがにワガママすぎ!?笑」と思いつつもいざ検索すると・・・なんと20件近くの物件が!!ここまでフィルタリングができたら、あとは家の雰囲気や、立地をチェックしつつ、忘れてはならないのが、今迄に滞在したゲストが残しているレビューをきちんと読み込むこと、そしてホストのプロフィールを確認すること!評価の高い物件はホストの人柄も魅力的である印象。

 

そして、今回選んだのはこちら・・・

異国情緒漂う賑やかなエリア「ナナ」にある高級コンドミニアム!
cf9b4870_original
決め手は、わがままな条件全てを見事にクリアした上に、美しい夜景まで期待できるコンドミニアムであること。更に24時間レセプションスタッフが常駐すること。そして、レビューにホストの人柄を評価するコメントが数多く見受けられたこと。

部屋

いざ、物件を訪れてみるとびっくりの連続。まずは鍵の受け渡しのスムーズなこと。レセプションに立寄り、ホストの名前を伝えると、予めホストが用意をしてくれていた鍵を受け取ることができた。(鍵の受け渡し方法は物件によって異なるためホストに確認してみよう) コンドミニアムのエントランスはまるでホテルのようで、セキュリティーもばっちり。

キッチン
18階の部屋は、これまたホテルの1室のような清潔感のある空間で、あまり生活感を感じなかった点も嬉しいポイント。贅沢な眺望が旅の疲れを癒してくれた。
更に、冷蔵庫には、水やコーラなどのペットボトルや、フルーツまで用意されていた。ホストの気遣いを感じる。

プール

こうして、ホテルステイとは一味違う環境で、まるでそこに暮らしているかのような4日間を過ごし、いつもとはまた質の異なる出張となったことに編集部一同大満足。

>>検索&予約方法はこちら

 

今回は、出張時の宿泊場所としての利用だったが、カップルでの旅行や、複数人での旅行、家族旅行でも楽しめそうな物件が多く存在するバンコク。
BTS(スカイトレイン)やMTR(地下鉄)も発達し、旅行者でも自分の足でアクティブに動くことのできる街だからこそ、コンドミニアムを拠点にして、現地の暮らしに溶け込みながら旅してみるのも贅沢な経験になること間違いない。

 

TRIPPING!が気になる物件 in バンコク

〜みんなで泊まれば1人2,000円〜4,000円代/泊!貸し切りOKのコンドミニアム〜
2名〜4名が宿泊できるコンドミニアムをピックアップ!ロケーションが良く、居心地の良さそうな物件をご紹介。

1. ポップでカラフルなインテリアがキュート! アクセス抜群のコンドミニアム
アソーク
乙女心をくすぐるカラフルなインテリアが印象的なコンドミニアム。BTSとMRTが乗り入れる中心街「アソーク」からも徒歩圏内で、どこに行くにも便利な立地も魅力的!
https://www.airbnb.jp/rooms/2456711

 

2.若者が集まるショッピングスポットに好アクセス!モダンなコンドミニアム
チットロム
セントラルワールド、伊勢丹、プラチナムマーケットなどのデパートが集まるチットロムエリアにあるコンドミニアム。隣駅のサイアムも多くの若者が集まる人気エリアで、ショッピング三昧の拠点にしてみるのもいいかもしれない!
https://www.airbnb.jp/rooms/3475961

 

3. コモンスペースが充実!おしゃれローカル注目エリアのコンドミニアム
プラカノン
最近ギャラリーなどが増え、おしゃれなバンコクっ子が集まる注目のエリア「プラカノン」にあるコンドミニアム。ゲームルームやラウンジ、コーヒーショップなどがあり、コモンスペースが充実しているの嬉しい。
https://www.airbnb.jp/rooms/2332282

 

4. 高級住宅街&おしゃれタウンの眺望抜群のコンドミニアム
トンロー1
日本人も多く住むエリア「トンロー」の駅近物件。駅前には、旅行者でも行きやすい屋台村がオープンするので、何かと便利。贅沢な眺望にもうっとり。
https://www.airbnb.jp/rooms/2146918

※上記は、各物件のサービスの質や安全性を保証するものではございません。宿泊先は、個人の責任をもってご決定頂けるようお願いします。

 

予約時に使える7,000円のクーポンプレゼント!

そんなAirbnbより、TRIPPING! 読者に嬉しいお知らせ。
今なら、会員登録するだけで、7000円のクーポン券をプレゼント!
東南アジアだと7,000円で1泊以上できる物件も多数取扱い中。
すぐに旅行の予定がない人も、この機会にぜひ会員登録してみよう!
(プレゼント期間:2014年10月15日〜2014年12月31日)
スクリーンショット 2014-10-14 15.13.05

会員登録はこちら!


*クーポンは、登録後、1週間前後でメールにて配信されます。

* クーポン利用条件
本クーポンは、1件につき7,000円割引きとなるものです。割引きを受けるには、日本時間の2014年12月31日11:59PMまでにAirbnbのサイトかAirbnbモバイルアプリ最新バージョンで、予約手続き(ホストからの承認含め)を完了しなくてはなりません。割引きご利用は1人1件まで。クーポンご利用は1回限り(つまり未使用分の繰越しはありません)で、他ユーザーへの譲渡や換金はできません。予約後に返金が発生した場合、 返金される額は実際お支払いになった額までとなります。このコードはAirbnbモバイルアプリの古いバージョンでは使えない場合もあります。このコードは、他のAirbnbのクーポンや割引コードと併用はできません。ゲストがこのコードを使っても、ホストの受取金には影響はありません。不正使用、改ざん、Airbnb利用規約違反、技術的エラーが疑われる場合には、割引を拒否する権利、あなたのアカウントや予約をキャンセルする権利等をAirbnbが有するものとします。

facebook facebook facebook facebook
  • バンコクの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

ラオスの首都ビエンチャンで訪れたい観光スポット4選

のんびりとした空気が魅力の小さな首都

ラオスの首都ビエンチャンで訪れたい観光スポット4選
これからがベスト! タイ・カオラックならデイトリップで大物三昧

リゾートもダイビングも楽しみたい欲張り派に

これからがベスト! タイ・カオラックならデイトリップで大物三昧
ダナンを拠点に楽しむ!“世界遺産巡り”の旅

ジェットスターで行くベトナム旅 後編

ダナンを拠点に楽しむ!“世界遺産巡り”の旅
新たなベトナムの魅力に出合う! “ダナン拠点”のベトナム旅

ジェットスターで行くベトナム旅 前編

新たなベトナムの魅力に出合う! “ダナン拠点”のベトナム旅
シンガポールチャンギ空港、第4ターミナルが開業

シームレスな搭乗体験を実現

シンガポールチャンギ空港、第4ターミナルが開業
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu