タイ
観光
基本情報(タイ・アユタヤ)

アユタヤ市民憩いの公園に佇む寺院「ワット・プラ・ラーム」

Phra Ram Temple is located in Ayutthaya Historical Park, Phra Nakhon Si Ayutthaya *** Local Caption *** วัดพระราม ในเขตอุทยานประวัติศาสตร์พระนครศรีอยุธยา จังหวัดพระนครศรีอยุธยา
写真提供:タイ国政府観光庁

歴史的重要な遺跡であると同時に、アユタヤ市民の憩いの場としても親しまれている「ワット・プラ・ラーム」。周辺遠くから目立つシンボリックな巨大塔堂と、4基の仏塔がそびえる寺院は1369年、ラメスワン王(1369~1370、1388~1395年)によって建立されたとされるアユタヤ王朝初期のもの。ラメスワン王の父で、初代のウートン王の葬儀が営まれた場所と言われている。

本文を読む


Phra Ram Temple is located in Ayutthaya Historical Park, Phra Nakhon Si Ayutthaya *** Local Caption *** วัดพระราม ในเขตอุทยานประวัติศาสตร์พระนครศรีอยุธยา จังหวัดพระนครศรีอยุธยา
写真提供:タイ国政府観光庁

寺院の前にはもともと大きな沼があり、アユタヤ王朝が建設された際に、地盤を高くするために沼の土が掘り起こされ、池となった。1767年のビルマ軍侵攻で建造物の大部分が破壊され、現在はトウモロコシ型が特徴的なアンコール・ワットと同じクメール様式の塔堂を中央に4基の仏塔、そして朽ちた石造が残るのみ。1970年には北側広場にウートン王のブロンズ像が建設、寺の前の大きな池と自然豊かなその周辺は「プラ・ラーム公園」として整備され、アユタヤ市民が集う。

敷地は広く、公園をのんびり散策しながら遺跡を見学してみては。又、日没後ライトアップされた姿も美しい。

 
ワット・プラ・ラーム (Wat Phra Ram)
・住所:Amphur Muang, Ayutthaya 13000
・利用時間:8:30~18:00、ライトアップは19:00~21:00
・拝観料:50バーツ

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム