シンガポール
グルメ
Ya Kun Kaya Toastからシンガポールを知ろう vol.1

カヤトースト専門店「Ya Kun Kaya Toast」の種類豊富なトーストを一挙紹介

©TRIPPING!

シンガポールの朝食としてよく知られてるカヤトーストは、ココナッツミルク、卵、砂糖に、香りと色付けの葉であるパンダンリーフを使ったカヤジャムを様々なタイプのトーストにつけて楽しむシンガポールローカルフードの代表格です。

本文を読む


中でも、カヤトースト専門店「Ya Kun Kaya Toast(ヤクン・カヤトースト)」はシンガポール島内だけでなく、国外にも店舗を持ち、シンガポールでは知らない人がいない有名店でチャンギ国際空港ターミナル2と3にも出店しています。東京都内にも店舗が一時期ありましたが、日本人にはなかなか馴染みがなく現在はクローズ。

今回は、「Ya Kun Kaya Toast」でいただける種類豊かなカヤトーストと、トーストに欠かせない半熟卵についてご紹介いたします。日本人には最初は甘く感じるかもしれないカヤトースト、しかし不思議と病みつきになっていくシンガポール在住者も少なくありません。在住者にとったら、第二のふるさとの味になるのかもしれませんね。

 
「Ya Kun Kaya Toast」には、実に様々なタイプのカヤトーストがラインアップしています。

IMG_2249著者撮影

いくつかご紹介していきます。
 

1. Kaya Toast with Butter

カヤトースト1
Kaya Toast with Butter ©TRIPPING!

一番メジャーなカヤトーストといえば、何といっても「Kaya Toast with Butter」。
ガイドブックなどでも一般的に紹介されるのはこちらのタイプがほとんどです。写真のように、薄切りのカリカリなパンにカヤジャムとバターを挟み、甘さと塩っぽさを両方味わえる「Kaya Toast with Butter」。タイミングによってバターが既に溶けてしまっていることもありますが、冷えたバターが挟まれているので、じわじわ溶けていく食感を楽しめるメニューでもあります。
 

2. Steam Bread

IMG_1240 (1)
Steam Bread 著者撮影

日本ではあまり見かけないパンの食べ方ですが、このように蒸し器で熱々の状態でてきます。先程の「Kaya Toast with Butter」とは異なり、パンは厚切りのパンで、カヤジャムとバターが挟んだ状態で蒸してあるので、バターはとろっとろに溶けてパンもふわふわの状態でいただけます。こちらも「Kaya Toast with Butter」とは引けをとらないほどローカルの方々にも親しまれているメニューです。ジャムはKaya ButterタイプとKaya Peanutタイプが選べます。
 

3. French Toast with Kaya

IMG_2352
French Toast with Kaya 著者撮影

その名の通りフレンチトーストタイプになっているトーストです。薄切りのパンをフレンチトースト状にしていて、カヤジャムは別でついてくるので、自分で甘さを調整しながらいただけます。
 

4. Cheezy French Toast with Kaya

IMG_1218
Cheezy French Toast with Kaya 著者撮影

薄切りトーストにチーズを挟み、さらにそれをフレンチトーストにしてあるこちらのメニュー。このメニューもローカルの方には人気で、トロっととろけた塩っけのあるチーズ入りのフレンチトーストに、甘いカヤジャムを自分のお好みでつけていただけます。フレンチトーストにしないタイプの「cheese Toast with Kaya」もあります。
 
以上が比較的ローカルの方もよく食べている人気のカヤトーストメニューと言えます。

また、上記以外に、「Butter Sugar Toast」といって、写真のようにカリカリのトーストにバターと、カヤジャムの代わりに白糖が挟んであるタイプのトーストもあったり、

IMG_2400
Butter Sugar Toast 著者撮影

「Toast sticks」というハムとチーズを挟んだ状態で揚げたトーストに、カヤジャムをつけてたべるタイプなどもあります。

IMG_0438
Toast sticks 著者撮影
 

セットについてくる半熟卵の食べ方

IMG_2125
Soft Boiled Eggs 著者撮影

定番のトーストをセットでオーダーするとついてくる半熟卵。これだけの単品メニューもありますが、この半熟卵を甘いトーストにつけながら食べるのもローカル流。その際、卵にかける醤油タレがDark Sause (濃口醤油)、Light Sause(薄口醤油)と2種類あり、胡椒をかけていただきます。タレはお好みですが、Dark Sauseが人気があるように感じます。

IMG_5255
著者撮影

IMG_2126著者撮影

ちなみに、左がLight Sause、右がDark Sauseで、「Ya Kun Kaya Toast」以外はお店によりソースの味が少し違います。
 
今回のご紹介はここまでですが、この後何回かにわけて「Ya Kun Kaya Toast」シリーズが続きます。お楽しみに。

 
IMG_1848著者撮影



初回投稿日:2016年8月27日
情報更新日:2018年12月3日(情報追加更新 by 編集部)

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム