マレーシア
観光

桟橋で生活する周さん一族!? 世界遺産の伝統水上家屋

IMG_0288 (2)

人々の暮らしを間近で感じる伝統水上家屋「クラン・ジェティ」

ペナン島の海の玄関口ウェルド・キーにあるのが、同姓一族が生活する海に突き出した家々が立ち並ぶ、クラン・ジェティ(伝統水上家屋)です。

19世紀ごろ、中国福建省からペナン島へ渡ってきた、林さん一族、周さん一族、陳さん一族など、同一姓ごとに桟橋で生活しています。

この水上家屋、今では観光地になっていて一般の方々も多く集まる場所ですが、昔は、中国マフェアの巣窟だったそうで、一般の人々は近づかなかったそうですよ。

そんな、ミステリアスな雰囲気のクラン・ジェティ。2008年にペナン島が世界文化遺産登録をされなければ取り壊しになっていたそうです。

世界文化遺産登録をされ、クラン・ジェティを訪れる観光客も増え、今では、賑わっています。

中でも私の好きな周一族の桟橋をご紹介します。

IMG_0270 (2)

桟橋の家屋を通り抜けると、その先は海!!

板で作られた桟橋の真下は、海です。

潮の香りが漂い、3人並んで歩ける程度の幅の狭い桟橋では、歩くとギシギシと板がきしむ音がする中をバイクがブーーーンと通り抜けて行き犬ものんびりと歩くという日常の生活感が伝わります。それこそが、世界文化遺産「クラン・ジェティ」を訪れる醍醐味ですよ。

IMG_0275 (2)

一番賑やかな周一族の桟橋

桟橋の脇には、カラフルな壁が印象的な床屋さん・・・

お土産屋さんや、ドリアンパフ(ドリアンクリームの入ったシュークリーム)のお店など新しいお店も出店している、不思議なエリアです。

IMG_1415

海に入って、船を掃除する男性も。。観光客が居ても気にしな~い。

IMG_2790

漁で使う道具が屋根からぶら下がっている光景も水上家屋ならではの光景ですねっ。

IMG_0280

建屋に大きく描かれた壁画は、ジョージタウンのストリートアートブームの火付け役、Ernest Zacharevicさんが描いた物ですが・・・

今は残念ながら剥げてしまいなくなってしまいました。

現在は、シルエットだけが残ってる状況ですので行かれた時には、シルエットとして残る壁画とこの写真を思い出して

頂けると、嬉しいです。

民宿もありますので、水上家屋で泊まってみたい方は体験してみてくださいね。

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム