マレーシア
観光

バティック(ろうけつ染め)を見学してみよう

IMG_2840

マレー文化を代表するバティックの工房を訪ねて・・

ペナン島に2店舗の工房を持つバティック(ろうけつ染め)製品専門店、

Craft Batik(クラフトバティック)。

こちらでは、バティック製品の買い物だけでなく、工房の見学をすることも可能です。

本店は、Teluk Bahang(テルクバハン)という漁村、ペナン島のリゾートエリアBatu Ferringhi(バトゥーフェリンギ)より車で約15分の静かなエリアにあります。

ペナン島滞在が短く時間が無い方には、ジョージタウン中心部よりタクシーで約15分で行ける支店がお薦め!!

IMG_2836

場所は、ボタニカルガーデン(Botanical Garden)へ向かうJalan Kebun Bunga沿い。

『フルーツABC』が食べられるTropical Fruitスタンドが目印ですよ。

建物を入ると、バティック製品を取り扱うお土産店になっていますが、建物の裏には、職人さんが手作業でろうけつ染めをしています。

IMG_2838

職人さんがいる工房では、ろうけつ染めの制作工程を自由に見ることができます。

IMG_2846

バティックは、手描きと型押しの二つの技法があります。

古くからある技法は、チャンティンと言われる道具に溶かした蝋を入れ、手書きでろうけつしたものですがここでは、ほとんどが型押しを使います。

型押しで使う型や溶かす前の蝋の塊なども実際に触れることができますよ。

説明を聞きたい方は、スタッフ(売り子さん)にお願いすれば工房内の説明をしてくれます。

基本は、英語での説明になりますが運が良いとカタコトの日本語が話せるスタッフが説明をしてくれますよ。

是非、お出かけしてみてくださいね。

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム