マレーシア
グルメ
世界各国の料理を楽しむランチタイム

コタキナバルのハイアット リージェンシー の絶品ランチビュッフェ

IMG_1714

ボルネオ島の玄関口、マレーシア・サバ州「コタキナバル」で初の5つ星シティホテルといえば、「ハイアット リージェンシー キナバル」。そのロビーエリアに隣接する形で、2014年にオープンしたのが「タンジュン リア カフェ」。

本文を読む


朝は、ゲストのための朝食ビュフェが提供され、夜はモダンキュイジーヌビュッフェを楽しめるオールデイダイニングで、とりわけ人気が高いのが世界各国の料理を楽しめる「ランチビュッフェ」だ。

IMG_1710
レストランの入口とロビーの開放的な空間

 

オープンキッチンスタイルのモダンな店内

IMG_1734
チキンライスをオーダーできるコーナー

レストラン内は、オープンキッチンスタイルが取られ、調理をするシェフの姿が見てとれる。活気あるキッチンに登る湯気に、食欲をそそる香り……。思わず、立ち止まって見入ってしまいそうになる。

 

選びきれない程の世界各国料理の数々

IMG_1733
マレーシア料理の数々

マレーシア料理から、中華料理、西洋料理など多岐に渡る料理の数々は、それぞれの国ごとにプレゼンテーションがされていて、華やか。一度見て回っても覚えきれない程のバリエーション豊富な内容に、心躍ること間違いない。

IMG_1729
蒸したての飲茶が並ぶ

IMG_1727
マレー風焼き鳥「サテ」

IMG_1725
マレーシア人の食卓に欠かせない「サンバルソース」の種類も豊富

IMG_1726
元々はお祝いの際に食べられる、マレーシアのもち米料理「レマン」はサンバルとの相性もいい

 

こだわりの必食料理

IMG_1716
グリルコーナー

大きな塊のパルメザンチーズを削りとり、香り高いうちにトッピングをしてくれるシーザーズサラダや、ウェスタングリルコーナーの肉料理は、フード部門のディレクター・ダリル氏が教えてくれた、必食メニュー。シンプルながらもこだわりの深い逸品は、必ず味わいたい。

IMG_1704
香り高いパルメザンチーズ

 

充実のデザートはマレーシアンスイーツに注目!

IMG_1724
アパム・バリ

美しく並べられたケーキや、フルーツ、更にはマレーシアならではのデザートは、別腹で楽しみたい。特に、マレーシア風パンケーキ「アパム・バリ」や、マレーシア風かき氷「アイスカチャン」は人気の逸品。

IMG_1713
ケーキコーナー

 
マレーシア料理をはじめ、各国料理を楽しめるランチビュッフェの料金は、1人RM90(約2,400円)で、コストパフォーマンスの良さを十分に感じる。「タンジュン リア カフェ」は、コタキナバルで優雅にランチを楽しむなら、ぜひ候補に入れたいレストランだ。

 
※日本円表記は、2015年9月30日の為替レートに準じます。

 
(photo: Satsuki Ichikawa / text: Ai Tanaka)

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム