インドネシア
カルチャー
月夜の下の幻想的なパフォーマンス

舞台は世界遺産!プランバナン寺院群で上演「ラーマヤナ舞踊劇」

毎年5月~10月にかけてインドネシアの世界遺産ロロ・ジョングラン寺院の屋外ステージで観賞できるジャワの伝統芸能「ラーマヤナ舞踊劇」。2018年の上演スケジュールをチェックして、幻想的な舞踊劇を観賞しよう!

本文を読む


 

世界遺産を舞台にした圧倒的なパフォーマンス


写真提供:インドネシア共和国観光省

ユネスコ世界遺産プランバナン寺院群の中心となる寺院、ロロ・ジョングラン寺院で上演されている伝統芸能「ラーマヤナ舞踊劇」。月夜の下、ダンサーや演奏部隊を含む総勢200名のパフォーマーが織りなす圧倒的なステージは、世界中からの観光客を魅了し続けている。


©TRIPPING!

通年で上演されているラーマヤナ舞踊劇だが、季節によって上演ステージが変更。5月~10月は屋外ステージ(Outdoor Theater)、11月~翌年4月は屋内ステージ(Trimurti Theater)でのパフォーマンスとなる。上映時間は19:30〜21:30。

尚、屋外ステージでの上演期間中、毎月一度ずつ、普段は観られない贅沢なステージが上演される。通常は、ラーマヤナ舞踊劇全4幕を凝縮した「ダイジェスト版(Full Story)」のパフォーマンスが上演されるが、屋外ステージ期間中は、満月の前後4日間に4つのエピソードを毎日1幕ずつ上演する贅沢なプログラム(Episode)が披露される。2018年のスケジュールは以下の通り。


※上段が、屋内の上演スケジュール。下段が屋外の上演スケジュール。赤色の日が、満月の前後4日間、1幕ずつの上演日。緑色は断食明けの特別上演日。

満月の夜に鳴り響くガムランの音色と、ライト・アップされた美し過ぎる寺院を背景に繰り広げられる幻想的なエンターテイメント「ラーマヤナ舞踊劇」。インドネシア伝統芸能の中心と言われるジョグジャカルタの地で、その圧倒的なステージを目撃したい。

 
初回投稿日:2017年2月8日
更新日:2018年4月23日 2018年の情報に更新

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます