インドネシア
観光
インドネシア・ジャワ島の観光名所

“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」

ボロブドゥール1©TRIPPING!

インドネシア・ジャワ島の世界遺産、「ボロブドゥール遺跡」。インドネシアで最もポピュラーな観光名所で、たびたび“世界の七不思議”のひとつとしても名が挙げられている、世界最大の仏教遺跡だ。

本文を読む


 

仏教宇宙観を表現した構造

ボロブドゥール6©TRIPPING!

9世紀、シャイレーンドラ王朝により建てられた寺院は、仏教理論の多層を表現するため、丘陵に岩石を積み上げられ造られた巨大モニュメント。123メートル四方をベースにしたピラミッドには2,672枚のレリーフ、504体もの仏像が飾られ、同規模のものは類を見ない。

ボロブドゥール5©TRIPPING!

東南アジアの宗教的建造物として有名なカンボジアの「アンコールワット」と比較しても、「ボロブドゥール」は約300年も早く完成していたというから驚き!

 

1,000年もの間、ジャングルに眠っていた寺院

ボロブドゥール2©TRIPPING!

時代とともにジャワの権力は東側へ移り、「ボロブドゥール」は1,000年もの間、自然の荒廃にさらされることとなった。再発見されたのは1815年。英国のスタンフォード・ラッフルズ卿が火山灰に埋もれていた寺院を発掘したが、それは巨大寺院のほんの一部。その後も発掘、修復が試みられたが、本格的な修復が行われたのは1970年代に入ってから。ユネスコの全面的支援のもと、8年をかけて修復が行われ、1991年には世界遺産に認定された。

ボロブドゥール3©TRIPPING!

「ボロブドゥール」という名は、サンスクリット語で“丘の上の仏教寺院”を意味する“Vihara Buddha Uhr”に由来するという。上空から見ると、寺院は伝統的な仏教の曼荼羅の形をし、10の層は、仏教的宇宙観である三界(Kamadhatu=一般の人々が住んでいる現象世界、Rapadhatu=人間は俗事から解放されている過渡的世界、Arupadhatu=神々が宿る最高の世界)を表している。

ボロブドゥール7©TRIPPING!

「ボロブドゥール」は仏教徒にとってインドネシア各地から集う合流地点であり、参拝者はもちろん地元観光客も絶えない。

ボロブドゥール8©TRIPPING!

アクセスはジョグシャカルタから車で1時間程。各社ツアーが便利で、神秘的な景色に出会えるサンセットやサンライズツアーは特に人気だ。

 
尚、ビジターセンターの隣には、ボロブドゥールの歴史を解説したムービー(英語)を上映するシアターもあるので、見学の前に立ち寄れば予習も可能だ。

ボロブドゥール9©TRIPPING!

毎年6月には「ボロブドゥール」の野外劇場でジャワ舞踊の特別イベントが開催。また仏教カルチャーに興味があるなら、毎年5月から6月の満月の日に行われる仏教徒最大の祭典、ワイサックの日にあわせて訪れてみては。仏陀の生誕を祝おうと世界中から集まる約15,000人の参列者が成す華やかかつ神聖な光景は圧巻だ。

 
ボロブドゥールの仏教寺院群
・住所:Borobudur Archaeological Park
・入場時間:6:00~17:00
・入場料:US$25(10歳〜)、US$ 15(子供 3歳〜9歳)

 
こちらも合わせてCheck!
神々の棲むインドネシアの島々に点在する世界文化遺産

 
初回投稿日:2016年3月23日
情報更新日:2017年5月12日 入場料更新

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム