インドネシア
カルチャー
ジョグジャカルタよりレポート

年に一度!イスラム教の犠牲祭「イドゥル・アドハ」

9/24は、イスラム教の「イドゥル・アドハ」と呼ばれる犠牲祭でした。イドゥル・アドハは、イスラム教徒の中で、経済的・体力的に可能な人が一生に一度、義務化されているハッジ(大巡礼)の最終日に行われます。

本文を読む


イドゥル・アドハの前日は、日の出る時間帯は断食をし、当日の朝はモスクや広場に集まり、集団礼拝後、屠殺が行われます。

DSCN7541

インドネシアでは、ヤギや牛が一般的です。中東のほうだとラクダなどもあるようです。

DSCN7557

屠殺作業そのものは、業者の人がしますが、地域の男性たちも一丸となり、協力します。小さい頃から見て育っているので、皆、お手の物です。

DSCN7565

ここまでくると、なじみのある姿になってきます。地域住民一丸となり、包丁持参で皆、細かく切る作業をしていきます。

これらのお肉は、袋に分けられ、寄付者、近隣住民そして、貧しい家庭へと配られます。

断食月のラマダン時期にはお米などの食料品、そして、犠牲祭ではお肉が貧しい家庭に分け与えられる仕組みになっています。

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます