インドネシア
カルチャー
恐怖さえ感じる波に私は惚れた

世界トップクラスのサーファーと挑む!バリ島ウルワツの波

ウルワツの波に乗る筆者ウルワツの波に乗る著者

極上の波を求め、バリ島に初めて降り立ったのが10年前。それから何度バリを訪れただろか。

最初はバリ屈指の繁華街、クタに宿をとりバイクでいろいろなポイントへと通っていた。

いつしかお気に入りのポイントができ、そこに滞在するようになった。世界的に有名なレフトの波が立つ「ウルワツ・ポイント」だ。

本文を読む


上から見たウルワツの波
上から見たウルワツの波 (筆者撮影)

ウルワツは2-3feet(日本でいう腰~腹サイズ)のコンパクトなサイズから、8-10feet(トリプルオーバーサイズ)以上までホールドする。すなわち、ファンな小波サイズから、ビッグなモンスターウェイブまでサーフィンできてしまうのだ。

ひとたびモンスターウェイブが現れると、世界中のサーファーがその腕を試しにウルワツへと集まってくる。

ウルワツの波
ウルワツの波(筆者撮影)

5−7の波
5−7feetの波(筆者撮影)

必死でドルフィンするサーファー
必死でドルフィンするサーファー(筆者撮影)

 

初めて味わう、世界のウルワツ

2014年、ある日のことである。その日のウルワツには5-6feet(頭半~ダブルオーバーサイズ)の波がたっていた。モンスターとまではいわないが、そこそこサイズのある波。

夜が明ける前の薄暗い中、待ちきれないとばかりに数人のサーファーが沖へとパドルアウトしていく。いい波が立つと混雑必須であるウルワツの波を、いち早くゲットするためである。

私も髪を一本に束ね、サーファーたちに続く。波が大きい時、私は髪を強く結わいて、気合いを入れるのである。

ウルワツのエントリーである洞窟を抜けたら、そこからは川のように速い潮の流れと、襲ってくる大きな波、そして自分との戦いである。

ここから先は誰も助けてくれない。

アウト(沖)に出るのに20〜30分近くかけ、100回近くのドルフィンスルー(ボードを沈めて波の下をくぐり抜ける技)が必要なときもある。この日はそこまでの状況ではなく、わりとあっさりとアウトに出ることができた。

呼吸を整え、はやる気持ちを落ち着かせ、世界トップレベルの極上ウェーブに挑む。
アウトからメラメラと育ってくるセットの波に、自分の位置を合わせていく。
そして壁のように大きな波を一気にテイクオフ。サーファーが一番幸せを感じる瞬間であろう。

この日は何本か記憶に残るいい波に乗ることができた。

『この波で上がろう』と決めて選んだ、今日一番大きい波。
ダブルオーバー(大人2人分超え)くらいのサイズの波であった。
ピークから一気にテイクオフ。
ボトムターンをしたところで、波が巻きあがり“チューブ”と呼ばれる水のトンネルを作る。

ボードの速度を合わせ、そのチューブに入る……
私が一番好きな波であり、心地のよいドキドキとした恐怖を感じ、そしてチェレンジングになる瞬間。

……が、その次の瞬間、私は洗濯機の中にいるような状況に陥った。

 
チューブの波を抜けられず、波に飲み込まれたのである。
そしてさらに不運なことに、ボードと自分をつなぐ命綱ともいえるリーシュコードが切れてしまった。

ボードはあっという間に流され、私自身も強いカレントに流されていく。
そのカレントといったらまるで川のような速さの流れなのである。
ウルワツの周囲は断崖絶壁で、流されたときには数十分以上の超ロングパドルを覚悟して洞窟に戻るか、500m以上離れたトーマスビーチまで泳ぎ上がるか、だ。

必死に泳ぐが、その努力もむなしく一気に流されていく。
急に大きな恐怖に襲われた。

初めて感じる“死”の恐怖。

そのときだ。

一人のライフガードが私を救出しに来てくれた。
私はライフガードのお陰で、無事に岸までたどり着くことができた。

ここは「世界のウルワツ」である。

『リーシュの管理もできずに、流されるなんて!自分の力量を理解しなさい』
と罵倒されることを覚悟した。

そしてそのライフガードがこう言ったのだ。
『また明日ウルワツで会おうね!』
これでウルワツを諦めちゃだめだよ。ちゃんとウルワツに戻ってくるように、
と言ってくれているようで嬉しかった。

ボードは失ってしまったけど、何か大きなものをもらった気がした。

そして今年もウルワツの大波にチャレンジするのである。

FotorCreated
ウルワツの入り口

世界中のサーファーがしのぎを削る1
世界中のサーファーがしのぎを削る(筆者撮影)

波に挑む筆者2
ウルワツの波に挑むサーファー(筆者撮影)

波に挑む筆者1
ウルワツの波に挑む著者

ウルワツの波に乗る筆者
ウルワツの波に乗る著者

ウルワツの安全はライフガードによって守られているウルワツの安全はライフガードによって守られている

<ウルワツ ポイント情報>

波のコンスタントさ:★★★★★
サーフィンレベル:初心者~上級者(ロータイドは中級者以上向け)
ボトム(海底):コーラルリーフ
シーズン:4月~10月(乾季)
ベストサイズ:腰腹サイズからサーフ可能だが、頭以上が面白い。ダブルオーバーまでサーフ可能
宿・レストラン:周辺にたくさんあり。宿泊施設の料金は1泊1000円のロスメン(安宿)~数万円の高級ヴィラまで多彩
アクセス:クタから南へ車で45分

(Photo & text: 響子)

 
サーフィンコラム「インドネシアの波に魅せられて……」
その他の記事を読む>

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム