TRIPPING! トップ × ASEAN × 成田空港早朝出発のLCCに乗る場合、空港までの移動はどうする?
Loading
2017.11.13 23:38
中島貴義:熱帯写真家
この著者の記事 LCC 成田空港
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北ウェイティングルームは無料で使える休憩エリア  著者撮影

成田空港発早朝のフライトで出発の場合、東京駅発の深夜便のバスを使うか、空港周辺のホテルに前泊、成田駅近くのネットカフェで夜明を明かす、空港にて野宿などが考えられる。

本文を読む


 
空港から少し離れたホテルの場合は、送迎バスの始発時間もチェックすることが必要だ。送迎がない早朝のチェックインの場合、場所にもよるが、空港まで3,000円程度かかる場合もある。京成線の始発は5:02だ。空港周辺で前泊の場合、空港までのアクセスを考慮する必要がある。

終電で空港泊と考える人も結構多い  著者撮影

成田駅周辺にネットカフェが何件かあるが、料金は安いが予約が出来ない。空港周辺にAir BnB等でゲストハウス等を見かけるが、アクセスがイマイチな場合も……。予算的に余裕があるのであれば『成田エアポートレストハウス』は悪くないと思う。ただ、一泊8.000円という料金がネックだ。成田空港第二ターミナル内、カプセルホテルタイプの『ナインアワーズ成田空港』は1泊5,000円程度とお手頃価格でおススメだ。シャワーだけなら1時間1,000円で利用できる。空港ターミナル内のリフレッシュルームがシャワーのみで1,030円/30分なのでシャワーだけでも利用価値はあるだろう。LCC各社が出発する第二ターミナルには、リフレッシュルームがあり、仮眠やシャワーの際に利用できるが残念ながら出国手続きの先になる。

予算が許すなら第二ターミナル内のカプセルホテルがおススメ  著者撮影

どうしても宿泊代を節約したいバジェット派なら、空港ターミナルで夜を明かす方法もある。第1、第2、第3ターミナルの1階中央口ロビー、第3ターミナルのフードコートはどれも24時間利用することができる。第二ターミナルのロビーには比較的フラットなソファーが多く、横になることも出来る。24時間営業のコンビニもある。また、第二ターミナルには『北ウェイティングルーム』という24時間利用可能な無料の待合室もある。第三ターミナルにはフードコートもあり一見すると便利そうなのだが、フラットなベンチが少なく基本的には椅子に座って夜を明かすことになる。

畳のスペースは限られている(北ウェイティングルーム)  著者撮影

空港で夜を明かす場合。終電で来てと考える旅行者が多く、24時近くには待合室もロビーのソファーも空きが少なく場所を確保するのが難しくなってくる。24時間警備員が巡回しているが、荷物や貴重品には十分に注意したい。空港ターミナルでは照明が減光されないので、明るい場所で寝るのが苦手な人はアイマスク等は必須だ。

24時間営業のコンビニがあるので便利  著者撮影

 
(text & photo : 中島貴義)

 
熱帯写真家フォトエッセイ「アジアの街角から」
その他の記事を読む>

この記事のタグ

LCC 成田空港
  • ASEANの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

気軽に入りやすい!ベトナム料理のチェーン店6店

1人旅の食事におすすめ!

気軽に入りやすい!ベトナム料理のチェーン店6店
マレーシアの歴史を世界遺産で追う

東洋と西洋の融合!多民族国家マレーシア

マレーシアの歴史を世界遺産で追う
チェンマイを俳優・高杉真宙さんが巡る旅動画の予告編を公開

古都を巡る男旅!

チェンマイを俳優・高杉真宙さんが巡る旅動画の予告編を公開
シェムリアップ「カンダール・ヴィレッジ」でおしゃれアイテムハンティング!

最旬ショップエリアへ

シェムリアップ「カンダール・ヴィレッジ」でおしゃれアイテムハンティング!
インドネシアの歴史を世界遺産で追う

悠久の歴史を感じる旅に出かけよう!

インドネシアの歴史を世界遺産で追う
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu