東南アジア
観光
事前に知ってれば旅が変わる

ルート次第でグンと行きやすくなるアジアンビーチの裏ワザ

遠いと思っていた旅先も、ルートの取り方によって案外、楽ちんに行けたりします。たとえば、タイのとあるビーチに行きたいと思ったら、通常、国際空港のあるバンコクを起点にアクセス方を調べるでしょう。それをちょっと視点を変えて隣国からアプローチしてみる。すると、カンタンかつ時短になるルートがあったりします。そんな裏ワザ的なアクセス方法をご紹介します。

本文を読む


 

■リペ島(タイ)

1_DSC5570 リペ島
タルタオ海洋公園に属し、タイの最南端に位置するリペ島。バンコクからは国内線、陸路、海路と乗り継ぎ、ほぼ1日がかりの移動になるため、”秘島”や”最後の楽園”と言われています。が、マレーシアのランカウイ島からは高速船で約1時間+ロングテールボート約10分。リペ島のビーチには入国審査場とは思えないほど簡易な小屋が立っています。

リペ島はボートで一周約1時間程度の小さな島。メインビーチは、パタヤビーチとサンライズビーチ。格安バンガローからデザイン系までステイ先が揃っています。そしてタイの島特有のゆるりとしたレイドバック感も上々な島です。

_DSC5338 (3)lipe

—————————————————————
テラガターミナル Telaga Terminal (ランカウイ島)
http://telaga-terminal.com/

—————————————————————

 

■プエルトプリンセサ(フィリピン)

DSC_1224 (2)
フィリピン南西部のパラワン島中部にあるプエルトプリンセサ。通常マニラまたはセブから国内線で約1時間10~20分でアプローチします。裏ワザとしては2015年2月までの期間限定のクルーズをご提案。スーパースター アクエリアスのコタキナバル(マレーシア)―プエルトプリンセサの3泊4日クルーズでは、洋上のホテルライフを満喫しながら、アプローチできます。コタキナバルまで行く点はやや面倒かもしれませんが、そこからは船旅ですので、スーツケースの移動などの厄介はなし!

プエルトプリンセサは「コーラルトライアングル」と呼ばれるサンゴや海洋生物が豊富な海域に面したダイビングスポット。そして世界自然遺産にして新・世界七不思議のプエルトプリンセサ地下河川国立公園への拠点です。鍾乳洞がにょきにょきと垂れさがった洞窟を進むアドベンチャー気分満点の体験ができます。

2DSC_1165 プエルトプリンセサ

 

—————————————————————
スーパースター アクエリアス SuperStar Aquarius
http://starcruises.co.jp/cruise_ssq

1_superstar aquarius 2 (2)

コタキナバル―プエルトプリンセサ3泊4日クルーズ
期間:2014年11月8日~2015年2月8日出航
料金:3万3700円~(1名あたり、諸税別途)
日本での問い合わせ先:スタークルーズ日本オフィス
TEL 03-6403-5188
—————————————————————

 

■ビンタン島(インドネシア)

IMG_4522 ビンタン島3
スマトラ島東のリアウ諸島に属するインドネシアのビンタン島。ジャカルタから行こうとすれば、国内線で約1時間30分。これは王道かもしれませんが、シンガポールからはフェリーで約1時間。搭乗待ちと乗船待ちでは、時間の長さも気楽さも違います。シンガポールからふらりと日帰りで訪れることもできます。

ビンタン島はインドネシアとシンガポールの両政府が手を組み開発したリゾートアイランド。ゴルフコースやスパなどを備えたリゾートホテルもあります。

BTSINBT_49060540_1_Bedroom_Banyan_Pool_Villa
©Banyan Tree Bintan

—————————————————————
ビンタン・リゾート・フェリー Bintan Resort Ferries
http://booking.brf.com.sg/

—————————————————————

 

■ギリ3島(インドネシア)

3P1050711ギリ3島
ギリ3島はロンボク島の南西に位置する3つの島。こちらは同じ国内の移動ですが、ロンボク島内を移動するよりも、実はバリ島のべノア港からギリ3島のひとつのギリ・トラワンガンへボートで直行した方が楽(複数社が運航)。ロンボク国際空港からだと、陸路1時間後に船で約10分。一方、バリ島べノア港からは約2時間30分。一見、ロンボク島ルートの方が便利そうに見えますが、ジャカルタまたはバリ島から国内線で渡ること、空港から車や船に乗り換えることを考えると、ダイレクトに船で行ってしまう方がストレスフリーなのです。

ギリ3島はかつてバックパッカーに見出された絶景アイランド。トラワンガン、アイル、メノーの3つの島からなります。このうち、ギリ・トラワンガンにはブティック系リゾートも(とはいえ、ほとんどが海水や井戸水シャワーです)。より濃厚な熱帯の自然を求めるなら、ギリ・メノーへ!
P1050448 (3)

—————————————————————
GILI PARADISE
バリ島―ギリ・トラワンガン間のボート会社を紹介しています。
http://www.gili-paradise.com/fast-boats/

—————————————————————

 

(text: 古関千恵子)

 

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム