ベトナム
観光
2泊4日で満喫できる! 大人のベトナム旅[PR]

中村江里子さんが旅する ベトナム中部 & ホーチミン

フリーアナウンサーの中村江里子さんと旅したベトナム。訪れたのは、“東洋のパリ”の異名をとるベトナム南部最大の都市・ホーチミンと、人気上昇中のベトナムリゾート・ダナン、さらにノスタルジックな趣が魅力の古都・ホイアン。

今回は、2泊4日という短いスケジュールで3都市を巡りました。週末に1日プラスして、2泊4日で満喫できる“エレガントな大人のベトナム旅”のモデルプランをご紹介します!

 

1日目 「ベトナム航空」でホーチミンへ!

13:10 ホーチミン(タンソンニャット国際空港)へ到着

日本とベトナムを繋ぐ豊富なネットワークを持ち、3年連続スカイとラックス社の4スターを受賞した「ベトナム航空」を利用してホーチミンへ。「ベトナム航空」は、日本からホーチミンへ4路線を運航中。所要時間は、成田空港から約5時間40分。関西国際空港から約5時間10分。中部国際空港から約5時間40分。福岡空港から約5時間。午前発の便を利用すれば、午後の早い時間にホーチミンに到着することができます。※今回の利用路線は、成田から

<午前発の便>
東京(成田) 9 : 30 / ホーチミン 13 : 10  
中部 10 : 00 / ホーチミン 13 : 40
関西 10 : 30 / ホーチミン 13 : 40
福岡 10 : 30 / ホーチミン 13 : 30
※2018年9月現在

ベトナム航空 最新の時刻表
https://www.vietnamairlines.com/ja/plan-book/timetable

 

今回中村さんは、「ベトナム航空」が2018年よりスタートした「プレミアムエコノミークラス」へ搭乗。くつろぎの空の旅を満喫しました。「プレミアムエコノミークラス」は現在、羽田-ハノイ線、成田-ホーチミン線、成田-ハノイ線で利用することができます。

プレミアムエコノミーの詳細
https://4star.vietnamairlines.com/ja/premium-economy/

14 : 30 「ザ・レヴェリー サイゴン」へ

ベトナム初6つ星のアジア最高峰ホテル「ザ・レヴェリー サイゴン」へチェックイン。イタリアの最高級家具ブランドが夢の共演を果たした、世界が注目する華麗なるホテルは、どこもとってもゴージャスそのもの。イタリアのブランドが手掛けた「デザイナーズルーム」は、唯一無二の空間が広がります。

ザ・レヴェリー サイゴン(The Reverie Saigon)
http://www.thereveriesaigon.com/

16 : 30  チョコレートブランドが運営する人気カフェへ

ホテルを出て向かったのは、ベトナム産カカオを使用した高級チョコレートブランド「マルゥ」のカフェ。ケーキや焼き菓子は全て「マルゥ」のチョコレートで作られたもので、自家製ホットチョコレートも人気です。店内では、「マルゥ」のチョコレートやオリジナルグッズも販売されています。


メゾン・マルゥ(MAISON MAROU)
http://www.maisonmarou.com/

17 : 30  ベトナム陶器の店へ

ベトナムの伝統的な陶芸技術と北欧デザインを融合したカムハー焼きの器が揃う「オーセンティック・ホーム」。ホーチミン・トゥドゥック地区の工房で作陶された器には、蓮や蘭、菊の花やトンボなど、ベトナムの陶器らしいモチーフが絵付けされています。


オーセンティック・ホーム(Authentique Home)
http://authentiquehome.com/

18 : 15 プレミアムリネンのブランド本店へ

繊細なベトナム刺繍が施されたプレミアムリネンのブランド「カトリーヌドゥヌアル・メゾン」の本店へ。フランス人オーナーが手掛けるリネンの数々はどれも上品で使い心地がよく、中村さんもパリのご自宅で愛用しているそう。イニシャル入りのポーチなどお土産にぴったりなアイテムも。

カトリーヌドゥヌアル・メゾン(Catherine Denoual Maison)
https://www.catherinedenoual.com/

19 : 00 “モダン・ベトナミーズ”が評判のレストランでディナー

ドンコイ通りに昨年オープンした話題のレストラン「ベトナム・ハウス」でモダンに進化したベトナム料理に舌鼓。オーナーは「ベトナム航空」のグローバル キュイジーヌ アンバサダーも務めるセレブリティシェフのルーク・グェン氏。伝統的なベトナム家庭料理をベースに、モダンな調理法やアレンジを加えた“モダン・ベトナミーズ”が評判です。


ベトナム・ハウス(Vietnam House)
http://vietnamhousesaigon.com/

21 : 00 ホテルに到着

 

2日目 ホーチミン散策の後は「ベトナム航空」でダナンへ!

8:00 ホテルのレストランで優雅に朝食

「ザ・レヴェリー サイゴン」で朝食を。スイートのゲスト専用ラウンジではのんびり朝食を楽しむことができます。窓からはサイゴン川と開発中の高層ビル群を望むドラマティックな眺めが!

10 : 00 ドンコイ通り周辺を散策

ホテルをチェックアウトしたら、周辺を散策。ホーチミンの目抜き通り「ドンコイ通り」に面しているので、気軽にショッピングに出かけることができます。ホテルから徒歩2分のところにあるキッチン雑貨のお店「サデックディストリクト・ブティック」もチェック! 編集者やフォトグラファーなど感度の高いメンバーが立ち上げたセレクトショップには、洗練されたアイテムが並びます。


サデックディストリクト・ブティック(Sadec District Butique)
https://sadecdistrict.com/

11 : 30 ベジタリアンレストランでランチ

ランチは、野菜だけで作る華やかなベトナム料理が評判のレストラン「フム・ベジタリアン・レストラン&カフェ」で。都会の喧噪を忘れさせてくれるリゾートを感じる佇まいが魅力の一軒です。ヘルシーなのに食べ応え十分の料理に中村さんもご満悦。ランチの後は空港へ。


フム・ベジタリアン・レストラン&カフェ(Hum Vegetarian Restaurant & Cafe)
http://humvietnam.com/

14:30 「ベトナム航空」でダナンへ

ダナンまでは約1時間20分のフライト。「ベトナム航空」は、国内線の便数が多いので旅程に合わせてフライトを選択することができます。

ベトナム航空 最新の時刻表
https://www.vietnamairlines.com/ja/plan-book/timetable

15 : 50 ダナン国際空港到着

17:00 「フォーシーズンズ リゾート ザ ナムハイ ホイアン」へ

ダナン国際空港から車で約30分。ベトナム屈指のリゾートホテル「フォーシーズンズ リゾート ザ ナムハイ ホイアン」へチェックイン。ハーミービーチの一画をプライベートビーチとして利用している美しいリゾートには、オーシャンフロントに100棟のヴィラが佇んでいます。


客室はベトナムの伝統的な調度品が目を引くシックな空間。天蓋付のベッドがヴァカンス気分を盛り上げてくれます。蓮池のほとりでトリートメントを受けられるスパにも注目!


フォーシーズンズ リゾート ザ ナムハイ ホイアン(Four Seasons Resort The Nam Hai Hoi An)
https://www.fourseasons.com/hoian/

18 : 30 モダンフレンチレストランでディナー

元々フランスの統治下にあった歴史もあり、フランス料理のレベルが高いベトナム。「オベルジーヌ 49」ではフレンチをベースにしたフュージョン料理をコースで楽しむことができます。シェフは日本の3つ星レストラン「龍吟」で修行経験もあるベトナム人シェフ。

オベルジーヌ 49(Aubergine 49)
http://www.hoian-aubergine49.com/
※9/22まで改装工事中

20 : 30 夜のホイアンを散策

ディナーの後は世界遺産の街・ホイアンへ。夜のホイアンはランタンが街を照らし幻想的。どこか懐かしさを感じるノスタルジックな趣に魅了されます。ランタンを売る店や、ローカルフード屋台、レストランやバー、マッサージ店がならび、活気を感じることができるはず。


22 : 00 ホテルに到着

 

3日目 ダナン & ホイアンを散策

8:00 モーニングヨガ&朝食


朝は、リゾート内のヨガパビリオンで行われるモーニングヨガからスタート。心と体を整えたら、のんびり朝食タイム。朝食は、ビーチフロントのレストランもしくは、宿泊のヴィラにリクエストすることも可能。朝食の後は、ビーチやプールサイドでリラックスタイムを!

11 : 00 ホイアン旧市街へ

ホテルをチェックアウトして、夜とはまた違った顔を魅せるホイアン旧市街へ出発。

12 : 00 ホイアン旧市街のレストランでランチ

19世紀初頭に建てられた邸宅レストラン「リトル・ファイフォ」でランチ。ここでは、ホイアンの名物料理「カオラウ」や「コムガー(チキンライス)」、「揚げワンタン」、「ホワイトローズ」を味わうことができます。テラス席から眺めるランタンで彩られた旧市街の通りも魅力的。

リトル・ファイフォ(Little Faifo)
http://littlefaifo.com/

13 : 00 ホイアン旧市街散策 

ランチの後は、築200年以上の木造家屋がならぶ旧市街を散策。「日本橋」の異名をとる、日本に縁の深い観光名所「来遠橋」や、ホイアンに暮らす華僑の人々の集会所である「福建会館」を見学したり、ベトナム産のおしゃれな雑貨が揃う話題のショップ巡りも楽しみました。


15 : 00 旧市街の可愛らしいカフェで休憩

散策の後は、ダナンの高級リゾート「フュージョンマイア」が運営するカフェ「フュージョンカフェ・ホイアン」でひと休み。冷たいトロピカルフルーツのジュースでクールダウン。

フュージョン・カフェ(Fusion Cafe Hoi An)
http://fusionresorts.com/fusionmaiadanang/eat-drink/fusion-cafe-hoi-an/

16 : 00 ダナンへ移動

ホイアンを後にしてダナンへ出発。車で約40分ほど。

16 : 40 ダナンのチョコレート専門店へ

ダナンでお土産探し。まずはベトナム産カカオを使った、ダナン発チョコレートショップ「フェバ・チョコレート」へ。チョコレートは全19種類で、カラフルなギフトボックスに自分で詰めることができます。チョコレートは全て試食可能で、中村さんもスタッフの説明に興味津々。


フェバ・チョコレート(Pheva Chocolate)
http://www.phevaworld.com

17 : 15 お洒落なお土産屋さんへ

刺繍入りの巾着袋やマグカップ、お菓子など定番土産を探しに「ダナン・スーベニアズ」へ。定番のアイテムがずらりと並ぶ店内は、天井が高く開放的。カフェも併設しているので、休憩がてら訪れるのも◎。


ダナン・スーベニアズ&カフェ(Danang Souvenirs & Cafe)
http://danangsouvenirs.com/

18 : 00  リバーサイドのレストランでディナー

帰国前のディナーは、ハン川沿いに佇むスタイリッシュな一軒「ウォーターフロント・ダナン・レストラン・バー」で。ワインが豊富に揃い、料理は多国籍料理とベトナム料理がラインアップ。2階のテラス席からは、ハン川を望みます。


ウォーターフロント・ダナン・レストラン・バー(Water Front Danang Restaurant Bar)
http://waterfrontdanang.com/

20 : 00 ハン川沿いのホテルスパでリフレッシュ

食事の後は、旅の疲れを癒しにスパへ。ハン川沿いの「ホテル ノボテル ダナン プレミア ハンリバー」のスパ「イン・バランス スパ」は22 : 00までの営業なので、夜のフライト前に訪れることができます。メニューは本格的なボディートリートメントやフェイシャルトリートメント、さらに気軽に受けることのできるリフレクソロジーまでバリエーション豊富。トリートメントルームは完全個室で、シャワーとトイレ付。

イン・バランス スパ(Inbalance Spa)
https://www.novotel-danang-premier.com/wellness/inbalance-spa/

21 : 30 ダナン国際空港へ

スパでリフレッシュしたら空港へ。

24: 05 ダナン出発

「ベトナム航空」では、ダナン=東京(成田)ならびにダナン=関西(2018年10月28日から)の直行便を運航中。深夜便を利用すれば、1日ベトナム中部を遊び尽くしてから帰国の途につくことができます。

翌日 7 : 35 東京へ到着

 
 
「中村江里子さんが旅する魅惑のベトナム」特設ページ
https://www.meetsvietnam.com/vietnamtravel/

最新のベトナム情報は「ミーツベトナム」でCheck!
https://www.meetsvietnam.com/

べトナム航空の情報
https://www.vietnamairlines.com/ja/

 
photo : Toru Hiraiwa (中村江里子さん) / Yurika Kawano
text : TRIPPING!編集部

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム