シンガポール
グルメ
シンガポールで味わえる

人気料理研究家がプロデュース!お洒落な空間で、ニョニャ料理を味わう

こんにちは、ジョアキムです。

シンガポールで味わえる料理といえば何を思い浮かべるでしょうか?
私はやはり「ニョニャ料理」だと思います。

本文を読む


舌を噛みそうな名前のマレー半島特有のこの料理は、チャイニーズとマレーが融合したお料理で、例えば複数のスパイスの複雑な香りにココナッツのコクと甘みが合わさったものなどがあります。
image29-e1406646621758-680x906

さて今日はそんなニョニャ料理がオシャレに味わえるお店のご紹介。
image

Vioret Oon’s Kitchen(バイオレット ウーンズ キッチン)

白と黒を貴重としたモダンな店内には、可愛いタイルやインテリアが。

そしてこのお店をプロデュースしたのがウーンさんという料理研究家の女性で、某雑誌にはシンガポール版の◯原はるみさんとの紹介文も!?
image
メニューからアラカルトで選びます。私はエビとポークのお団子スープ(Pong Tau Hu Soup/すぐ下のお写真) とドライ ラクサ(Dry Laksa/一番最初のお写真)を。
image
このスープは、スパイスの香りが引き立っており、スッキリした中にもコクがあります。ニョニャ料理は辛いもおが多いのですが、こちらは辛くなく、お団子もプリッとして美味しい!

メインのドライ ラクサは、「ドライ」=「スープなし」、「ラクサ」はラクサという名前の良い香りのハーブ(麺の上にモサッと乗っている緑のそれです)入りのスパイスとココナッツミルクを使ったヌードルです。ラクサといえば辛いイメージがある私ですが、ここのラクサは辛くなかったです。本当に美味しい。

 

ちなみに今回はオーダーしませんでしたが、ニョニャ料理といえば手間暇が相当かかることで知られているアヤム・ブア・クルアック(Ayam Buah Keluak)という珍しいブラックナッツとチキンの煮込み料理があります。
アヤムは鶏や鶏肉の意味で、そのブラックナッツがブア・クルアックです。

伝統の煮込み料理の他に、そのブラックナッツを使ったパスタもメニューにありました。次回はそのパスタをぜひいただいてみたいです。

お店のHPにメニューがあるので、見てみてください。メニューを見ただけでは、そのお料理が一体どんなお料理なのか「???」となるものも、、、そこが楽しいニョニャ料理(笑。ぜひ行かれてみてください。

 

<おまけ>

そもそも、そのニョニャって何?と気になった方はシンガポーリアンのルーツと伝統がまるごと分かるプラナカン博物館(Peranakan Museum)に!
火曜〜金曜の10:30~11:30で日本語ガイドグループによる無料ガイドがございます。
(入館料:6SGD、時間:10時〜19時まで、詳しくはこちら

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム