シンガポール
観光
穴場なのに便利な立地!

子連れで楽しい!シンガポール国立図書館へ

image2-680x510

旅行者でも気軽に利用できるのが嬉しい、シンガポールのNational Library。その中でもCentral Public Library(セントラル・パブリック・ライブラリー)は、ブギス駅やシティホール駅に近く、ラッフルズホテルの裏というとても便利な立地に加え、 子ども用の図書スペースがかなりの充実度!しかも無料で利用できるんです!!有難いですよね〜!

本文を読む


 

子供心をくすぐる可愛い図書館

image

こちらがCentral Public libraryの外観です。(大き過ぎて写真に収まり切りません、、、)エントランスを入ったら、エレベーターで地下一階へ。

 
image1-680x510

こちらがキッズスペース”MY TREE HOUSE”の入り口。気分はすっかり不思議の国のアリス!?

 

英語と中国語と、本の種類も充実!

image

もちろん本は、シンガポールの公用語「中国語」と「英語」の両方の言語があります。

 
image

こちらは幼児ゾーン。子供たちも靴を脱いでゴロゴロ… ハイハイの赤ちゃんでも安心ですね!かわいい絵本が充実しています。

 
image

オーディオコーナー。

中央に写っている赤い椅子が、横に倒すと木馬のような乗り物に早変わり!!読書に飽きちゃった子供もまだまだ楽しめますよ〜走り回ろうが、少々大きい声を出そうが、お構いなしの図書館なんて夢のよう…♡

 
image

こちらの図書館では、週末の12:30〜13:00に読み聞かせ会を開催しているようです。日によって英語での読み聞かせの日と、中国語の日があるので、ホームページ等でチェックしてからの参加をお勧めします。

 
ローカル気分を満喫するもよし、観光の合間に涼むもよし、プレイグラウンド代わりに利用するもよし……。図書館の域を超えた色々な利用方法がありそうです。

本を借りない限りは無料で利用できますし、何と言ってもこの立地!!頭の片隅に置いておくと、いざという時頼りになるかもしれませんね♪

 
・授乳室情報
オムツ台、授乳室共に、”My Tree House”と同じフロア(地下一階)のエレベーターホール奥。利用時には、職員に声を掛けてロックを解除してもらう必要有り。

 
初回投稿日:2014年7月16日
情報更新日:2015年10月1日(地図追加)

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム