TRIPPING! トップ × ASEAN × シンガポール × 乙女心をくすぐる華やかな世界へ!シンガポール「プラナカン博物館」
Loading
2015.7.27 22:06
この著者の記事 プラナカン プラナカン博物館 プラナカン食器 博物館
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

peranakan5
©Singapore Tourism Board

15世紀後半からマレー半島に移り住んだ主に中国人男性が現地の女性と結婚し、その地に暮らし続け、独自の文化を育んできたプラナカン。

本文を読む


Peranakan Museum(プラナカン博物館)」では、中国とマレー文化、更にヨーロッパの西洋文化が融合した、独特の文化をわかりやすく展示。世界中の女性ファンを魅了する、華やかなパステルカラーの陶器やビーズの刺繍は必見。

Peranakan Museum_HR_04_Fotor
©Singapore Tourism Board

 

プラナカン文化とは

Peranakan_HR_10_Fotor
©Singapore Tourism Board
 
「プラナカン」の言葉には、インドネシア語やマレー語で「子孫」という意味が含まれる。父は中国人、母はマレー人の混血としてシンガポールやマラッカ、ペナンに根付き、独自の文化を発展させてきたプラナカン・チャイニーズ。

彼らの独特な文化の中でも他に類を見ないイベントが「結婚式」だ。結婚が決まると、自身の使うスリッパなどの日用品をビーズであつらえた女性たち。12日間にも及ぶ結婚式にまつわる多様なグッズはミュージアム3階に展示。

その他、シンガポール航空の制服にも取り入れられている彼女たちのファッション「サロン・ケバヤ」も美しい。繊細で細かくデザインされた刺繍は必見。

 

女性が中心となって育んできた文化

Peranakan Museum_HR_01_Fotor
©Singapore Tourism Board
 
14歳頃から花嫁修業のために外出を控え、ビーズ刺繍や料理を勉強したプラナカンの女性たち。この女性たちを「ニョニャ」と呼ぶ。彼女たちはその閉じられた世界で「ニョニャ料理」や「ニョニャ文化」を育んだ。パステルカラーを基調とする陶器のかわいらしいデザインは、現代でも世界中の女性たちを虜にしている。

これらのプラナカンデザインのグッズは、一階に併設されるショップ「True Blue Shoppe」でも購入可。ティースプーンや食器の他、プラナカンのデザインが施された携帯ケースなども人気。営業時間等は公式HPを参照。

 

Peranakan Museum(プラナカン博物館)
・住所:39 Armenian Street Singapore 179941
・営業時間:10:00~19:00(無休)※金曜のみ10:00~21:00
・電話:(+65) 6332 7591
・入場料金:大人S$6、60歳以上S$3
 ※シンガポール独立50周年を記念し、2015年8月7日~10日は入場無料。
・アクセス方法:シティホール駅、ブラスバサ駅から徒歩5分

 
こちらも合わせてCheck!
究極の美を巡るシンガポール、プラナカンの旅 ~前編~

地図・詳細はこちら

Peranakan Museum(プラナカン博物館)

URL:http://peranakanmuseum.org.sg/
営業時間:10:00~19:00(無休)※金曜のみ10:00~21:00
電話番号:(+65) 6332 7591
住所:39 Armenian Street Singapore 179941

mapボタン

  • シンガポールの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

ラオスの首都ビエンチャンで訪れたい観光スポット4選

のんびりとした空気が魅力の小さな首都

ラオスの首都ビエンチャンで訪れたい観光スポット4選
これからがベスト! タイ・カオラックならデイトリップで大物三昧

リゾートもダイビングも楽しみたい欲張り派に

これからがベスト! タイ・カオラックならデイトリップで大物三昧
ダナンを拠点に楽しむ!“世界遺産巡り”の旅

ジェットスターで行くベトナム旅 後編

ダナンを拠点に楽しむ!“世界遺産巡り”の旅
新たなベトナムの魅力に出合う! “ダナン拠点”のベトナム旅

ジェットスターで行くベトナム旅 前編

新たなベトナムの魅力に出合う! “ダナン拠点”のベトナム旅
シンガポールチャンギ空港、第4ターミナルが開業

シームレスな搭乗体験を実現

シンガポールチャンギ空港、第4ターミナルが開業
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu