TRIPPING! トップ × ASEAN × フィリピン × マニラ × 【旅予習MOVIE】フィリピンの注目女性監督がいま、伝えたいこと
Loading
2014.10.21 09:30
この著者の記事 SHIFT〜恋よりも強いミカタ〜 映画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

shift_dir
シージ・レデスマ監督

 

フィリピンの「いま」が分かる映画が、この秋、日本で劇場公開される。その作品とは、フィリピン・ニューウェーヴの先陣を切って活躍する女性監督、シージ・レデスマ監督によるラブストーリー『SHIFT~恋よりも強いミカタ~』。首都・マニラで暮らす若者たちの独自のカルチャーを、自身の経験もふまえながら切り取っている彼女だが、そこに込めるメッセージとは?

 

公開に先駆けて、本作の宣伝業務に参加している日本大学芸術学部の学生たちの熱望により、急遽来日を果たしたレデスマ監督は、大学で行われた試写会イベントで学生たちに向けて、本作について語った。

「『SHIFT』というタイトルにはいろんな意味が込められています。一つ目は舞台であるコールセンターでの『シフト』という勤務形態の舞台設定。二つ目は、主人公・エステラの『これからどのように人生をシフトさせていくか』という心情に寄り添ったもの。三つ目は、ゲイでも女性を好きになれるようにシフトしていくのか、という(エステラの同僚)トレヴァーの目線から見たものなど、様々な意味が混ざっています」

 

ミュージシャン志望の主人公・エステラは、生活の糧のために夜勤でコールセンターに勤務。米国企業の下請けとしてフィリピンで多く展開するコールセンターの仕事は、英語ができることが条件となり、ステータスが高い。レデスマ監督自身も、9年間コールセンターで働きながら映画制作を目指したというバックグランドをもつ。

 

そんな彼女が描くコールセンターで働く人々は、ゲイやレズビアンであることをオープンにしており、性に対して寛容という印象をもたせる。

「10年程前はフィリピンもまだ性に対して閉鎖的でした。調べるとコールセンターという場所は、フィリピンの中でも独自のカルチャーをもっているので、ゲイやレズビアンは非常に多い。コールセンターでは国際的な多様性をもった人材を求めているため、という背景もあります。また、そのような場に集まる人は西洋の文化に触れていておしゃれな人が多く、性に対しても寛容です。実際、私の友人もコールセンターに入ってカミングアウトした人が何人もいます」

 

そのようなフィリピンの働く若者たちを取り巻く環境の一部を知る上でも、本作はとても興味深い。製作費200万円、撮影期間6日間という限られたソースで作品を完成させた監督の、夢見る若者たちへのエールもひしひしと伝わってくる。この日も、「人生の『よくわからない』時期を大切にしてほしい。人生には必ず『よくわからない』時期があるが、その不安な時期があったからこそ、私は目標やゴールが見つかった」と、学生たちへ熱いメッセージを送っていた。

 

興味のある方はぜひ、劇場に足を運んでみては?

 

shift_1
『SHIFT~恋よりも強いミカタ~』
2014年10月25日(土)より新宿シネマカリテにて2週間限定レイトショーほか全国にて順次公開
http://picturesdept.com/jp/titles/shift
©2013 Cinema One Originals

 

こちらも合わせてCheck!
【旅予習MOVIE】テーマで選ぶフィリピンMOVIE&BOOK

 

facebook facebook facebook facebook
  • マニラの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

ラオスの首都ビエンチャンで訪れたい観光スポット4選

のんびりとした空気が魅力の小さな首都

ラオスの首都ビエンチャンで訪れたい観光スポット4選
これからがベスト! タイ・カオラックならデイトリップで大物三昧

リゾートもダイビングも楽しみたい欲張り派に

これからがベスト! タイ・カオラックならデイトリップで大物三昧
ダナンを拠点に楽しむ!“世界遺産巡り”の旅

ジェットスターで行くベトナム旅 後編

ダナンを拠点に楽しむ!“世界遺産巡り”の旅
新たなベトナムの魅力に出合う! “ダナン拠点”のベトナム旅

ジェットスターで行くベトナム旅 前編

新たなベトナムの魅力に出合う! “ダナン拠点”のベトナム旅
シンガポールチャンギ空港、第4ターミナルが開業

シームレスな搭乗体験を実現

シンガポールチャンギ空港、第4ターミナルが開業
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu