インドネシア
グルメ
ローカルスイーツ調査隊vol.4

もちもち食感×甘い蜜が絶妙!バリの伝統菓子「クレポン」

クレポン2©TRIPPING!

バリのユニークな伝統菓子の中でも、今回ご紹介するのは団子状のお菓子「クレポン」。

本文を読む


もち米からつくられた団子の中には、椰子糖(パームシュガー)のシロップが入っていて、外はココナッツフレークでコーティングされている。

クレポン3©TRIPPING!  タナロット寺院の参道には、クレポンを販売しているおばちゃんが並んでいて試食をすすめてくる

見た目が日本の草団子のようなのは、パンダンリーフという東南アジアではおなじみのハーブによって綺麗な緑色に色づけされているから。時おり、茶色の団子も混ざっているが、これは材料に黒いもち米を使用しているからだそう。

クレポン1©TRIPPING!

スーパーマーケットや市場でも購入することができるが、有名なのがタナロット寺院の参道や、寺院周辺の路上の屋台。バナナの皮でつくられた袋には、クレポンが6、7個入っていてお値段はRp.10,000(約90円)ほど。

一口で頬張れば、甘いシロップが口の中に溢れ出し、もちもち食感の団子と絶妙なコンビネーションを楽しむことができる。ちなみに、お上品に噛みちぎって食べようものなら、中のシロップが勢いよく口の外に飛び出ることがあるので、ここは一口で食べるのが正解。

どこか懐かしい、素朴な味わいのクレポン。バリ島を訪れたら試してみては。

 
編集部スタッフがローカルに人気のスイーツを調査!
【ローカルスイーツ調査隊】

その他の記事はこちら>

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード