ブルネイ
観光
日帰りできるアドベンチャー

ブルネイの大自然を満喫しよう!ウル・テンブロン国立公園へ

temburong-1-680x1021

国土の7割が森林で覆われているブルネイですが、その自然を満喫できる国立公園、テンブロンをご紹介いたします。

本文を読む


ブルネイは飛び地になっている場所がありますが、その飛び地が国立公園のあるテンブロンという場所です。 国立公園全体の面積は約50000㎡で、そのうち約100㎡が観光客の入れる地域(鉄塔のキャノピーエリアと滝のエリアのみ)となっており、それ以外は政府以外立ち入り禁止となっています。

テンブロン地区へ行くためには、陸路を使ってマレーシアを横断することもできますが、今回はジェッティ―という船でご案内します。

temburong 3

temburong 4

ジェッティは首都バンダルスリブガワンから出ていて、45分かけてバンガ―という場所へ向かいます。

飛び地のこちらのエリアはバスやタクシーなどの公共交通手段がありません。また信号機もない田舎道!車でボート乗り場まで移動したのち、ボートに乗って国立公園へ向かいます。

temburong 5

temburong 6

国立公園へ到着したら、木道の階段約1000段!を上って、キャノピー(鉄塔)へ向かいます。階段の周りは木々で覆われ、マイナスイオンがたっぷりです。

そして頂上までつくと、高さ42mあるキャノピーへ到着。上から見下ろす景色は壮大です。

temburong 7

temburong 8

川の水位が低ければ、滝壺まで歩いていくこともできます。 滝壺で足を休めると自然のドクターフィッシュが足をついばむサービスも!

このテンブロン国立公園は、資格を持ったガイドが同行しないと一般では入れない地域になっています。日帰りでも、1泊でもぜひこの大自然を満喫してみてください!

temburong 9

temburong 10

 
ちなみに私が働いている旅行代理店でも、ご案内可能ですので、ご興味がある方がぜひご連絡ください。

Freme Travel Services Sdn Bhd(フレーミートラベル)
http://www.freme.com/

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム