ASEAN
観光

一度はトライしてみたい?街めぐりの乗り物

bike

何処へ行くにも海外旅行の中で最大のネックとなると言ってもいいのが、現地での交通手段。ガイドによる車での送迎があり、観光スポットまで案内してくれるパッケージツアーは別として、個人で土地勘がないところに行く場合には当然ながら一苦労かかる。シンガポールやタイ・バンコクなど地下鉄やバスなどの公共機関が整備されている大都市では、それを上手く利用しない手はないが、土地の交通事情によってはまず第一に安全面、さらにコストや利便性をよく考慮して選ぶ必要がある。

 

東南アジアの観光地で多く見られる、運転手が車輪を漕ぐ自転車タイプやバイクタイプのタクシーもその一つ。地域によって呼び方は勿論、形も様々。基本的には料金が交渉制という点が共通しており、それが初心者にとってはハードルでもあるが、街の風景をのんびり眺めながら回りたいという人には重宝しそうだ。現地レポーターが紹介するのはこちら。

1.人力タクシー「シクロ」from ベトナム・ホーチミン

記事を読む>

IMG_9412

2.種類も様々「ベチャ」fromインドネシア・ジョグジャカルタ

記事を読む>

DSCN0912

また、自分のペースで、自力でスポットを回りたいという人には、場所によっては自転車やバイクをレンタルするという手も。

3.可愛くてエコな「グリーンバイク」 fromカンボジア・シェムリアップ

記事を読む>

IMG_0116

このほかにもマレーシア・クアラルンプールのように、無料循環バスが主要観光スポットを巡るという有り難い交通サービスがある地域も。訪れる場所や用途によって、何を使うか、チャーターをするのかなどなど交通機関を上手く利用したい。

現地に着いてさあどうしよう!?と慌てふためくことのないように、事前によくチェックしていこう。

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム