ベトナム
グルメ
からだにやさしい素材を使ったバインミー

(名古屋・瑞穂区)堀田駅近くのバインミー専門店「ナエシロバインミー」


著者撮影

フランスパンにレバーパテやなますなど、いろいろな具材をはさんだベトナムのサンドイッチ“バインミー(Banh Mi)”。今回は、2018年1月に名古屋市瑞穂区にOPENした「ナエシロバインミー」をご紹介!

本文を読む


 
材料はできる限り国産を、調味料は原材料がなるべくシンプルなものを使った、こだわりのバインミーを食べられるお店です。


著者撮影

お店は名鉄堀田駅から徒歩7~8分の距離にあります。名鉄の駅から少し離れたところにある地下鉄堀田駅からも徒歩7~8分。お店の住所が「苗代町」のため、「ナエシロバインミー」と名付けたそうです。


著者撮影

住宅街の中を歩いて行くと、突如現れるかわいらしいお店!こちらの駐車場の一角でバインミーを販売しています。車で行かれる方は、お店から徒歩2分のところにあるコインパーキングを利用しましょう。


著者撮影

お店はナチュラルでやさしい雰囲気。オーナーさんもとてもやさしい方でした!


著者撮影

バインミーの種類は1種類(1個650円)。中身はベトナムハム、レバーパテ、なます、きゅうり、スイートチリソース、豆乳マヨネーズとなっています。


著者撮影

バインミーはテイクアウト用に作られており、あらかじめこのように包装されています。パクチーが苦手な方のためにパクチーを入れていないので、欲しい方は注文時に伝えましょう。別添えでいただけますよ。このパクチーはオーナーさんが自然栽培で育てたもので、その日に使う分だけを摘み取っているそうです。


著者撮影

その場ですぐに食べたい方は、トースターで温めて食べることもできますよ。


著者撮影

奥にはイートインスペースがあるので、こちらで食べて行っても。天気がいい日はキッズスペース(テント)が登場!お子さまもくつろいで過ごすことができます。


著者撮影

さて、お待ちかねのバインミーを食べてみると、外側がカリッとしたフランスパンに、たっぷりめに塗られた臭みのないレバーパテ、ジュレ状になったスイートチリソースの印象が強く、とてもおいしかったです。

スイートチリソースがジュレ状になっているのは、テイクアウト用に作っているため、作った後にフランスパンにソースが染みこんでしまわないようにとの配慮から。そのため、時間を置いてからも美味しくいただけます。また、ベトナムハムに使う豚肉は脂身が少ないものを、マヨネーズは豆乳を加えて作るなど、随所にこだわりが詰まっています。

 

営業日は毎週水・木曜(第1水曜のみ休み)。バインミーは売り切れ次第終了となるので、予約をしてから行くのがベター。お店は11:30からの営業ですが、事前に連絡をすれば8:00からテイクアウトをすることができますよ。

臨時営業することもあるので、Facebookinstagramをチェックしてみてください。

 

著者 : グッチ

中国(上海・北京)7年、ベトナム(ホーチミン)3年弱の約10年間の海外生活を経て、2016年より日本在住。 海外在住時より日本人向けフリーペーパー、旅行サイト、ガイドブックなどに記事を寄稿。TRIPPING!でコラム「ぐるりホーチミン歩き 〜美味しいと可愛いを探して〜」を連載中。

 

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム