ミャンマー
観光

水面に浮かび上がる寺院!ヤンゴンから簡単半日旅行へ!

IMG_20140328_120106

大都市ヤンゴンからすこし離れてみたいけど、終日お出かけはちょっと疲れちゃう。

そんな方にオススメ、チャウタンの水上寺院のイエレーパゴダ。

正式名称はチャイ・マウ・ウン・イエ・レー・セティ・タウ・パゴダといいますが長過ぎるため、皆イエレー・パゴダと呼びます。

ヤンゴンからは片道1時間半。ミャンマービジネスで何かと話題にあがることが多いティラワ経済特区のすぐ近くです。

川の中州がそのままお寺になっています。

雑誌『TRANSIT』の表紙になったことからご覧になったことある方も多いかもしれませんね。

IMG_20140116_104651

別の角度から。

川を渡って行きますが、外国人は専用ボート往復5000k(500円)、入場料が2000k(200円)です。

境内の様子

IMG_20140328_121646

ミャンマー人にとって寺院は憩いの場でもあります。

編集部さんでも取り上げられていたお弁当箱をみんな利用してますね。

IMG_20140328_122833

アクセスはローカルバスを利用することも出来ますが、時間が読めないですし、ボロボロなバスなのであまりオススメはしません。
ミャンマーではタクシー代やクルマ手配代が安いので半日で雇ってしまうことをお勧めします。

どんなクルマを雇うかに大きく変わりますが、ほぼ新車でドライバー付き1日約50$という基準から考えると半日チャーターで30$程度かと思います。ちょっと古いクルマのタクシーにお願いすればもっと安くなります。

細かなローカルルールですが、ドライバーさんの料金は拘束時間ではなく、目的地によって値段が変動します。同じ1日なのに郊外に行けば行くほど、料金が上がってしまいます。
不思議ルールですね。

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム