TRIPPING! トップ × ASEAN × マレーシア × クアラルンプール × 時計台が目印!クアラルンプール「スルタン・アブドゥル・サマド・ビル」
Loading
2015.11.12 19:32
この著者の記事 クアラルプール基本情報 クアラルプール観光 マレーシア基本情報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1440
写真提供:マレーシア政府観光局

イギリス統治時代に連邦事務局としての役割を果たし、現在は裁判所として利用されている「Sultan Abdul Samed Building(スルタン・アブドゥル・サマド・ビル)」。その美しい煉瓦造りの建物と時計台は、見る者を優雅な気持ちにさせる。道を挟んだ向かいの「独立広場」からの光景はフォトジェニック。

本文を読む


 

美しい煉瓦造りの建物

スルタン・アブドゥル・サマド・ビルは、1897年にイギリスの植民地経営のために造られ、現在は最高裁判所として利用される歴史的建造物。イギリス建築のビクトリア様式と、イスラム建築のムーア様式の建築技術が融合する煉瓦造りの建物は、他に類を見ない美しさで見る者を圧倒する。
全長137メートルもある壮大な建物の中心には、高さ41メートルの時計台が設置され、クアラルンプールの観光名所として人々が多く訪れる場所。

 

独立広場からの写真を撮ろう

現在も裁判所として利用されているため、一般客が中に入ることはできないが、この巨大で美しい建物にはクアラルンプールを訪れたらぜひ足を運びたい。
南北に幅広く伸びるこの建物の全貌を眺めるには、Jalan Raja(ラジャ通り)を挟んだ向かいの「Merdeka Square(独立広場)」からがベスト。この広場は1957年、マレーシアの独立を宣言した歴史的場所でもある。

 
スルタン・アブドゥル・サマド・ビルには、プトラ線「Pasar Seni 駅」、もしくは「Masjid Jamek (マスジットジャメ)駅」で下車し、徒歩10分程度。

 
Sultan Abdul Samed Building(スルタン・アブドゥル・サマド・ビル)
・住所:Bangunan Sultan Abdul Samad Jalan Raja Laut 50350 Kuala Lumpur, Kuala Lumpur Wilayah Persekutuan, Malaysia
・入場料金:入場不可
・アクセス方法:

地図・詳細はこちら

Sultan Abdul Samed Building(スルタン・アブドゥル・サマド・ビル)

住所:Sultan Abdul Samad Bldg, 50050 Kuala Lumpur, Federal Territory of Kuala Lumpur

mapボタン

  • クアラルンプールの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

厳選!シェムリアップの人気ローカル食堂5軒

はやい、うまい、安いが自慢♪

厳選!シェムリアップの人気ローカル食堂5軒
東南アジアの世界遺産 知っておきたい宗教のこと

知ればもっと楽しめる!

東南アジアの世界遺産 知っておきたい宗教のこと
「アジアのベストレストラン50」2017 第1位はタイの「ガガン」に決定!

ベストレストランを食べ歩こう!

「アジアのベストレストラン50」2017 第1位はタイの「ガガン」に決定!
バンコク発ワンデイトリップにおすすめ!焼き物とお菓子の島「クレット島」

ノスタルジックな雰囲気を味わおう

バンコク発ワンデイトリップにおすすめ!焼き物とお菓子の島「クレット島」
近々国際空港ができる? フィリピン・パングラオ島に注目!

ワイルド&カラフルなダイビングスポット

近々国際空港ができる? フィリピン・パングラオ島に注目!
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu