TRIPPING! トップ × ASEAN × シンガポール × 謎のソースが味の決め手!シンガポールのワッフル人気店「Twenty Grammes」
Loading
2016.1.12 15:46
この著者の記事 シンガポールカフェ シンガポールスイーツ シンガポールローカル人気店 ローカルスイーツ調査隊
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

twenty grammes10
©TRIPPING!

シンガポール最大のイスラム寺院「サルタン・モスク」のほど近く、異国情緒漂うカラフルなショップハウスの一画に、ハンドメードワッフルで人気のカフェ「Twenty Grammes」がある。

本文を読む


twenty grammes2
©TRIPPING!

ポップでカラフルなインテリアが印象的な店内には、ワッフルを頬張りながら、おしゃべりに勤しむ女性客が目立つ。

twenty grammes5
©TRIPPING!

今回オーダーしたのは、チャコールワッフルの上にアイスが乗り、更に独特のソースをかけて頂く逸品。シンガポーリアンの間でも話題だ。

twenty grammes8

真っ黒のワッフルはインパクト大!焼きたてがサーブされるので、サクサクふわふわ食感を楽しむことができる。更にトッピングするアイスは、スクープ数を選ぶことができるので、色々なフレーバーを試したい場合は、欲張ってみるのもあり。今回は、特に人気の「トリプルC(チョコレート、キャラメル、チョコチップ)」をチョイスしてみた。

twenty grammes6

さて、問題の(?)ソースの正体はというと……

twenty grammes1

「Salted Egg Sauce」と言う名のソースの正体は、塩味の効いた卵ソース!!

一見ミスマッチにも思えるこの組み合わせ。多少の疑念を抱きながら、ワッフルとアイスにソースを絡め一口味わうと、一瞬にしてその疑いは晴れるわけである。あったかいサクふわのワッフルに、冷たく甘〜いアイス、更に塩味のきいたクリーミーなソースは、相性抜群。その一つでも欠けてはならない強烈タッグに、ノックアウト寸前!? 一気に食べ終えてしまった。

特に、甘いものと塩辛いもののコンビに目がない人には、一度味わってほしい一皿。アラブ・ストリート散策の合間に訪れてみるのはいかがだろうか?

 
Twenty Grammes(トゥエンティー・グラムス)
・住所:753 North Bridge Road
・アクセス:MRTブギス駅から徒歩7分
・電話:(+65) 6717 1733
・営業:12:00~22:00 (日-木) 12:00~25:00(金-土)

地図・詳細はこちら

Twenty Grammes(トゥエンティー・グラムス)

URL:http://www.twentygrammes.com/
営業時間:12:00~22:00 (日-木) 12:00~25:00(金-土)
電話番号:(+65) 6717 1733
住所:753 North Bridge Road

mapボタン

関連記事



  • シンガポールの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」

インドネシア・ジャワ島の観光名所

“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」
伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」

ホテルから選ぶわたしの旅

伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」
ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情

映画から知るタイ

ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情
世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く

行ってきました!カンボジア子連れ旅行 

世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く
バリ島・ウブドの熱帯雨林に抱かれた「星のやバリ」へ

ホテルから選ぶわたしの旅

バリ島・ウブドの熱帯雨林に抱かれた「星のやバリ」へ
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu