TRIPPING! トップ × ASEAN × インドネシア × バリ × バリ島ウブドの新興バビグリン専門店「グンチュン」
Loading
2017.6.2 21:32
絶対的存在「イブオカ」にライバル店出現!?

バリ島ウブドの新興バビグリン専門店「グンチュン」

この著者の記事 インドネシア料理 バリ島ローカルフード バリ島ローカル人気店 バリ島食堂&屋台
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者撮影

豚の丸焼き「バビグリン」は、豚のお腹の中に野菜や香辛料を入れ、直火で丸焼きにする、バリ・ヒンドゥー教の儀式やお祭りの際に登場するバリ島の伝統料理だ。 

本文を読む


 
というと観光客はなかなかいただける機会がないと思われるかもしれないが、専門店や屋台で手軽にいただくことができるのがうれしいところ。なかでもバビグリンの専門店として国外にも名を馳せているのが、ウブドの「イブオカ」だ。バリのガイドブックには必ずといっていいほど掲載されている有名店で、地元の人や観光客でいつも賑わっている。

著者撮影

今回、紹介する「グンチュン」は、その「イブオカ」からわずか徒歩3、4分のところにオープンした、バビグリン専門店。小ぢんまりとした素朴な店だが、2階はオープンエアになっていて気持ちいい。

著者撮影

メニューは、バビグリン(Rp. 40,000)、スペシャル(スープ付き、Rp. 50,000)の2種とシンプル。写真付きのメニューがあるのでオーダーも容易だ。

著者撮影

ぷりっとした厚みのある肉には、中までしっかりと味がしみ込んでいる。また、これを目当てにバビグリンを食べるという人も多いバビ(豚)の皮は、パリパリと香ばしく、皮の裏側についている上質な脂肪がじゅわりと口内でとろける。付け合わせのウルタン(バリ風ソーセージ)は、ローカルの大好物。スパイスのきいたラワールとともに、混ぜ合わせてわしわしといただきたい。ブンクス(持ち帰り)してホテルでゆっくりいただくのもいいが、ウブドの風を感じながら2階席でいただくのもおすすめだ。

著者撮影

日本ではなかなか食べられないバビグリン。バリを訪れたらぜひチャレンジしてみたい。王道の「イブオカ」と味比べするのも楽しいはず!

 
(text : Aya Hasegawa)

 
GUNG CUNG (グンチュン)
・住所:Jl.suweta #23 , Ubud, Bali
・電話:(+62)361-2022 568

地図・詳細はこちら

GUNG CUNG (グンチュン)

電話番号:(+62)361-2022 568
住所:Jl.suweta #23 , Ubud, Bali

mapボタン

  • バリの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

ピンクが可愛い!バンコクのフォトジェニックカフェに行こう

最新おしゃれスポットへ

ピンクが可愛い!バンコクのフォトジェニックカフェに行こう
“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」

インドネシア・ジャワ島の観光名所

“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」
伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」

ホテルから選ぶわたしの旅

伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」
ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情

映画から知るタイ

ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情
世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く

行ってきました!カンボジア子連れ旅行 

世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu