TRIPPING! トップ × ASEAN × タイ × チェンライ × バンコクから飛行機で約1時間!チェンライへ弾丸旅行にでかけよう!
Loading
2014.11.18 17:21
SATOMI:タイヨガ講師
この著者の記事 チェンライ バンコクから弾丸旅行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バンコクから弾丸でチェンライに行こう!

ということで、バンコクから飛行機で約1時間のチェンライに、滞在時間18時間の弾丸旅行をしてきました。

本文を読む


しかも、飛行機代以外はなんとたったの約1,600THB(約5,670円)※今回は、ノックエアーを利用。

バンコクから足を延ばして、都会とはまた違ったタイを感じたい!という方に参考になればと思います。

 

午後3時頃 チェンライ空港到着
バンコクに発着するLCC路線の玄関口、ドンムアン空港からLCC航空でチェンライ空港へ到着。バンコクから北なので少しは涼しいかと思い気や刺すような日差しはバンコク以上。

 

空港からBAAN DAM(黒い家)へ
空港でレンタカーを借りて、まずはBAAN DAM(黒い家)というミュージアムへ向かいます。現代アジア美術界の巨匠・タワン・ダッチャニーの家(アトリエ)です。自然の中に突然現れるアートたちは天気によって色んな表情を見せることになるでしょう。

BAAN DAM

 

白い部屋に動物の骨。毛皮、牙をモチーフに色々なアートが施されています。
不思議な空間でパシャリ。

chengrai_015

アートに直接触れることができ、楽しみ方も人それぞれです!

 

<午後5時頃 白い寺院で有名な Wat rong khun(ワット・ロンクン)へ>

この時間に訪れると、夕陽とともに、白くそびえ立つワット・ロンクンの姿を見る事ができます。

chengrai_002_Fotor

尚拝観時間は18時までなのでご注意を。

 

お坊さんがまだいないお寺なので、お寺としてはまだ認められていません。賛否両論ありますが、個人的にはアートとして楽しむ分には十分だと感じました。圧倒的な存在感とディテールを堪能してみるのもいいと思います!

建設者は、元画家のチャルムチャイ・コーシッピパット氏

現在も建設中なので、運が良ければご本人に会えて、一緒に写真が撮れちゃいます。

 

<夕飯の後はナイトマーケットへ>

ワット・ロンクンを後にしてホテルへチェックイン。夕飯を住ませたら、ナイトマーケットへ。夜はバンコクよりもやっぱり少し冷えますので上着は必要です。小さいマーケットですが、旅行者用のお土産なんかは色々あるのでお薦め。バンコクより安いものが多いのも嬉しい。

nightmarket

私は、ポーチと手作りの封筒をGETしました。全部で100THB(約350円程度)

 

掘り出し物がたくさんあるのと、近くに地元の人が集まる生活用品を売るようなマーケットもあるのでそちらまで足を伸ばしてみても面白いです。食べ歩きもできちゃいますので、飲んでつまんで買い物を堪能!

 

翌日は朝9時にチェンマイを出発

睡眠時間含めの18時間でチェンライを楽しむことができました。バンコク国内は、LCC航空の便数もたくさんあり、バンコク以外にも気軽に行けるのでバンコクから少し足を延ばして他のエリアを訪れるのもまた旅の楽しみが広がりオススメです!

 

※上記の日本円表記は、2014年11月18日現在の為替レートに準じます。

 

>>TRIPPING!レポーターのチェンライの情報はこちら

地図・詳細はこちら

チェンライ by タイ国政府観光局公式HP

URL:http://www.thailandtravel.or.jp/area/chiangrai.html

mapボタン

  • チェンライの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」

ホテルから選ぶわたしの旅

伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」
ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情

映画から知るタイ

ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情
世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く

行ってきました!カンボジア子連れ旅行 

世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く
バリ島・ウブドの熱帯雨林に抱かれた「星のやバリ」へ

ホテルから選ぶわたしの旅

バリ島・ウブドの熱帯雨林に抱かれた「星のやバリ」へ
厳選!シェムリアップの人気ローカル食堂5軒

はやい、うまい、安いが自慢♪

厳選!シェムリアップの人気ローカル食堂5軒
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu