TRIPPING! トップ × ASEAN × タイ × エメラルドグリーンの海を求めてタイ・ピピ島へ
Loading
2016.5.3 22:15
Saku:フリーライター
この著者の記事 タイリゾート ピピ島 プーケット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_20160213_125049著者撮影

タイのビーチリゾートと言えば、プーケットが有名ですよね。昔から世界中の人々に愛されて来たリゾートアイランドとして、抜群の知名度を誇っています。でも、プーケットから更に足を伸ばすと、更に美しいエメラルドグリーンの海を持つ島があるんです。それがピピ島です。

本文を読む


 
先日、念願かなって憧れのピピ島を訪れることができたので、その様子をレポートしたいと思います。

ピピ島へのアクセスですが、プーケットまたはクラビから日帰りツアーに参加するのが一般的。もしくはプーケットまたはクラビからフェリーでアクセスすることもできます。私たちはクラビからフェリーを利用してピピ島へ向かいました。チケットはクラビの旅行会社で手配してもらい、往復で700バーツ(約2,100円)でした。

 

さて、クラビの港からフェリーに乗って約90分。ゴツゴツとした岩肌のピピ島が見えてきました。海はもちろんのこと、このゴツゴツとした石灰岩の感じもピピ島の魅力の一つです。

IMG_20160213_105454著者撮影

ピピ島に降り立つと、まさに思い描いていたエメラルドグリーンの海が目の前に広がっています。

IMG_20160213_120649著者撮影

そんなピピ島。自然は素晴らしいけれど、それ以外は何も無いんじゃないかと思いきや、意外や意外。島内はかなりの賑わいなんです。ヨーロッパ系の方々が多く訪れるからなのか、島内のお店はどこかオシャレな雰囲気。宿泊施設もあるので、ピピ島内に泊まることもできますよ。

IMG_20160213_111539著者撮影

飲食店も、タイ料理をはじめイタリアンもあり、充実しています。

IMG_20160213_114313 (1)著者撮影

お腹も満たされたところで、今度はロングテイルボートに乗って、ピピ島内にある別のビーチ、ロングビーチへ向かってみましょう。ロングテイルボートは片道100バーツ(約300円)です。

IMG_20160213_123807著者撮影

あ、この景色、絵葉書で見たのと同じ。テンションが上がります。

IMG_20160213_125049著者撮影

木陰でフルーツジュースを飲みながらまったり。

IMG_20160213_125912著者撮影

これこそ、南の島でのバカンスにふさわしい過ごし方ではないでしょうか?ロングビーチは静かで落ち着いていて、南国独特ののどかな空気が流れていました。

 

実際にピピ島に行ってみた感想は、「南の楽園って本当にあったんだな」というもの。皆さんもせっかくタイにいらしたのなら、もう一足伸ばして南の楽園ピピ島を訪れてみてはいかがでしょうか?

 
※日本円表示は1バーツ≒3.0円(2016年5月現在)で計算

地図・詳細はこちら

ピピ島

URL:http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=128

mapボタン

  • タイの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

厳選!シェムリアップの人気ローカル食堂5軒

はやい、うまい、安いが自慢♪

厳選!シェムリアップの人気ローカル食堂5軒
東南アジアの世界遺産 知っておきたい宗教のこと

知ればもっと楽しめる!

東南アジアの世界遺産 知っておきたい宗教のこと
「アジアのベストレストラン50」2017 第1位はタイの「ガガン」に決定!

ベストレストランを食べ歩こう!

「アジアのベストレストラン50」2017 第1位はタイの「ガガン」に決定!
バンコク発ワンデイトリップにおすすめ!焼き物とお菓子の島「クレット島」

ノスタルジックな雰囲気を味わおう

バンコク発ワンデイトリップにおすすめ!焼き物とお菓子の島「クレット島」
近々国際空港ができる? フィリピン・パングラオ島に注目!

ワイルド&カラフルなダイビングスポット

近々国際空港ができる? フィリピン・パングラオ島に注目!
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu