TRIPPING! トップ × ASEAN × タイ × バンコクの冷たいタイ料理「カオチェー」
Loading
2015.4.4 15:56
Chef (シェフ):料理人
この著者の記事 おしゃれローカル おしゃれローカル_Chef タイ料理 バンコクおしゃれローカル バンコクタイ料理 バンコクローカル人気店
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【おしゃれローカル HOT PICK!】
東南アジアに暮らすおしゃれローカルが、お気に入りスポットや話題の情報をPICK UP!

IMG_9382[1]

ソンクラーン前の風物詩「カオチェー」

by Chef(シェフ)

今回シェフさんが紹介してくれたのは、タイの冷たい料理「カオチェー」。タイは、旧正月「ソンクラーン」の前になるとどんどん気温があがり暑期に入るが、そんなうだるような暑さへ入る頃から出始めるのが、カオチェーなのだ。

本文を読む


 

「歴史を辿ると、少数民族のモン族が毎年4月13日、旧暦の正月をお祝いするための料理として作られたのが始まりで、モン族がタイに入り、ソンクラーンの料理としてそのまま引き継がれたもの。ラマ5世時代に宮廷料理として広まり、ソンクラーン前の風物詩となっている料理で、僕の大好きな料理でもあるんだ。」
IMG_9391[1]
きちんとカオチェーを作るとなるととても手が込んでいて、まず良質なお米を固めに炊いて、蝋燭を燻したものの中に入れ、ジャスミンなどお花を浸した水に氷をいれたものにつけ置く。付け合せは、カピを丸めて揚げたもの、グリーンチリの肉詰めを揚げたもの、切干大根の甘辛漬け、玉ねぎ揚げなどなどが少しずつ盛られる。「日本のおせち料理にも似ているね。」とシェフさん。
「タイは一年中暑い国。なのに、日本みたいに冷やし中華や冷たい蕎麦はなくて、タイ料理として唯一の冷たい料理になるかな。この時期タイにくることがあったら、是非試してみて。」

 

[Profile]
Chef (シェフ)
料理人、「BIG ASS」サウンドクルー 

IMG_4555
1983年バンコク生まれ。
幼少期から母親の経営する飲食店を手伝い料理の楽しさに目覚める。
現在は、タイの有名アーティストの音響スタッフとしてタイ国内外を飛び回る傍ら、主に芸能人を顧客としたケータリングや、自宅レストランを開いて腕をふるっている。化学調味料を使用しない素朴な母の味わいに定評がある。

 

バンコクのおしゃれローカルがお気に入りスポット、話題の情報を発信中! 
>>その他の記事はこちら

 

  • タイの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

厳選!シェムリアップの人気ローカル食堂5軒

はやい、うまい、安いが自慢♪

厳選!シェムリアップの人気ローカル食堂5軒
東南アジアの世界遺産 知っておきたい宗教のこと

知ればもっと楽しめる!

東南アジアの世界遺産 知っておきたい宗教のこと
「アジアのベストレストラン50」2017 第1位はタイの「ガガン」に決定!

ベストレストランを食べ歩こう!

「アジアのベストレストラン50」2017 第1位はタイの「ガガン」に決定!
バンコク発ワンデイトリップにおすすめ!焼き物とお菓子の島「クレット島」

ノスタルジックな雰囲気を味わおう

バンコク発ワンデイトリップにおすすめ!焼き物とお菓子の島「クレット島」
近々国際空港ができる? フィリピン・パングラオ島に注目!

ワイルド&カラフルなダイビングスポット

近々国際空港ができる? フィリピン・パングラオ島に注目!
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu