TRIPPING! トップ × ASEAN × タイ × バンコク × お花を通してタイの文化に触れる「花と文化の博物館」
Loading
2014.9.10 19:23
SATOMI:タイヨガ講師
この著者の記事 博物館
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

505c0fa779cc790552438951249ba33a-680x680

タイのお花を堪能したい人は「THE MUSEUM OF FLORAL CULTURE(花と文化の博物館)」へ

タイは1年に渡って、美しいお花を楽しめる国。仏教国ということもあり、毎日のようにお花をお供えしたり、車にお守りとして飾っていたり、至る所にカラフルなお花が飾られています。そんなタイにおいて、こちらの博物館はお花を通してタイの文化に触れられるというとっても素敵な場所です。

 

花と文化の博物館_03

マンダリン・オリエンタル・ホテルのフラワーアートの監修も手がけるタイで有名なフローラル・アーティストのサクン・インタクンさんがオープンさせたことでも話題に。

花と文化の博物館_08

 

プールもあったり・・・

675db60c860cfd7a3f1297b982416b98-680x906

 

一輪一輪、生き生きしているお花たち。

 

花と文化の博物館_06

形を変えて飾られていたり。

花と文化の博物館_05

建物内は撮影禁止のため写真がないのですが、インド、ベトナム、中国のお花と文化についてや、日本の池坊の巻物までありました。日本の生け花も参考にされているのね♪

お花が一番生き生きした状態で展示がされていて、その心遣いを感じるやさしい博物館でした。

 

花と文化の博物館_10

観賞後は、お花に囲まれティータイム

葉で作られた大きな蓋をパカッと開けると・・・

花と文化の博物館_12

タイのお菓子たちが現れます。よもぎもちがあった!ロータスティーなどお茶も色々選べちゃうのも嬉しい。優雅な時間です。

料金は、お茶とガイドさん付きの見学で、350THB(約800円程度)でした(写真下・左)

名称未設定

通常のガイド(写真上・右)以外にも、水曜の10:00~と13:00~が日本人のボランティアの方によるガイドがあるそう。日本語希望だったら事前に予約して行った方がいいかもしれませんね。

 

タイは常夏ですが、それなりに季節もあって、その時々のお花を楽しめます。それはこっちに住んで初めてわかったこと。

暑いけど、湿度や雨の量、気温がやっぱり変化があるのね。

もうすぐこちらで暮らし始めて一年が経つのですが、やっとその季節を感じられるようになってきました。

 

旅で訪れた際は、旬のお花たちを楽しんでみてはいかがですか?

 

地図・詳細はこちら

THE MUSEUM OF FLORAL CULTURE(花の文化博物館)

URL:http://www.floralmuseum.com/
電話番号:(+66)02 669 3633-4
住所:315 Samsen Rd., Soi28 Yeak Soi Ongkarak 13, Nakornchaisri, Dusit, Bangkok

mapボタン

facebook facebook facebook facebook

この記事のタグ

博物館
  • バンコクの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

リーズナブルなのに素敵!シェムリアップの極上ブティックホテル5選

1泊100ドル前後で泊まれる♪

リーズナブルなのに素敵!シェムリアップの極上ブティックホテル5選
ピンクが可愛い!バンコクのフォトジェニックカフェに行こう

最新おしゃれスポットへ

ピンクが可愛い!バンコクのフォトジェニックカフェに行こう
“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」

インドネシア・ジャワ島の観光名所

“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」
伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」

ホテルから選ぶわたしの旅

伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」
ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情

映画から知るタイ

ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu