TRIPPING! トップ × ASEAN × シンガポール × 国中が盛大にお祝い!シンガポール「チャイニーズ・ニュー・イヤー」
Loading
2016.1.6 12:04
この著者の記事 シンガポールイベント シンガポールチャイナタウン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シンガポールには「年越し」が2回存在するのはご存知だろうか。新暦の1月1日とは別に、旧暦の新年(春節)もお祝いするのは、中華系民族の多い国ならでは。国民の休日にもなる2016年の春節は、2月8日~9日。前後には、各地で豪華絢爛なイベントも!

本文を読む


 

2016年の春節は2月8日~9日

2015_Kong Chow Wui Koon_Hi-Res_02 (Marklin Ang)_Fotor
©Singapore Tourism Board
 
旧暦で数えるため、毎年日付が異なるChinese New Year(チャイニーズ・ニュー・イヤー)。中華系民族の多いシンガポールでは、新暦の12月31日に行われる年越しと同様、もしくはそれ以上の盛り上がりを見せるのが旧正月(春節)のお祝いだ。2016年は、週末と合わせると4連休に。各地でお祝いカラー「赤」の装飾が施され、国中がお祭りモードになる。この時期、多くの店が休業することも念頭に置いておこう。

 

お祝いの中心「チャイナタウン」

Street Light-Up (5)_Fotor
©Kreta Ayer-Kim Seng Citizens’ Consultative Committee
 
国中で祝うチャイニーズ・ニュー・イヤーだが、中華系民族の集まるChinatown(チャイナタウン)では、お祝いムードもひとしお。2016年1月16日(土)には早々にオープニングセレモニーを開催予定。電飾の点灯式を始め、干支の猿によるアクロバティックな芸など、様々なパフォーマンスが披露される。
毎年恒例となっている、その年の干支をモチーフにした装飾やライトアップは見どころの一つ。2016年は1月16日(土)~3月8日(火)の期間中、Eu Tong Sen StreetやNew Bridge Roadで見ることができる。
 
Street Light-Up (3)_Fotor
©Kreta Ayer-Kim Seng Citizens’ Consultative Committee シンガポール大学の学生によるライトアップのデザイン
 
この時期のチャイナタウン散策にぜひ活用したいのが、「Chinatown Walking Trail(チャイナタウン・ウォーキング・トレイル)」。普段から無料で開催されている英語でのガイドツアーだが、1月23日、24日、30日、31日にはチャイニーズ・ニュー・イヤーの特別バージョンで開催予定。ライトアップやストリートデコレーションなどの見どころを中心に回る。先着10名の人気ツアーの申し込みはこちらから。

チャイニーズ・ニュー・イヤー前夜の2月7日(日)には、カウントダウンパーティを開催。21:30~翌0:30にかけて、Eu Tong Sen StreetとNew Bridge Roadにてローカルアーティストによるライブパフォーマンスや、花火の打ち上げなどが予定されている。チャイナタウン駅周辺は身動きが取れないほどの人混みが予想されるので、計画的に行動しよう。
※チャイナタウンのチャイニーズ・ニュー・イヤー公式ホームページはこちら

 

お祝いの風物詩「ライオン・ダンス」

Official Light-Up (2)_Fotor
©Kreta Ayer-Kim Seng Citizens’ Consultative Committee
 
この時期の風物詩と言えば、「龍」と「獅子」によるダンスパフォーマンス。「ドラゴンダンス」や「ライオンダンス」と呼ばれ、日本の獅子舞のような縁起物として、店や学校、会社などで披露される。この時期に街を歩くと、リズミカルな金物や太鼓の音に合わせて飛んだり跳ねたりのアクロバティックなパフォーマンスに出会えるだろう。2016年1月23日、24日には、チャイナタウンHong Lim Parkにて、こうしたパフォーマンス集団のコンテストも開催される。(チケット購入はChinatown Visitor Centreなどにて。S$10~)
※詳細はこちら

 

  • シンガポールの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」

インドネシア・ジャワ島の観光名所

“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」
伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」

ホテルから選ぶわたしの旅

伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」
ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情

映画から知るタイ

ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情
世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く

行ってきました!カンボジア子連れ旅行 

世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く
バリ島・ウブドの熱帯雨林に抱かれた「星のやバリ」へ

ホテルから選ぶわたしの旅

バリ島・ウブドの熱帯雨林に抱かれた「星のやバリ」へ
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu