TRIPPING! トップ × ASEAN × ラオス × ビエンチャン × ウドンタニーから国境を越えてラオスの首都ビエンチャンへ
Loading
2016.4.2 11:51
中島貴義:熱帯写真家
この著者の記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

THL_001著者撮影  タイラオス友好橋のラオス側イミグレーション

朝一番のバンコク発ウドンタニー行きのフライトでウドンタニーやって来た。空港から国境行きのロットゥー(ミニバン)があるのだが、ウドンタニーの街で朝食を食べてから国境に向こうことにした。

本文を読む


 
バスターミナルの近くの食堂に入り、カイガタと呼ばれるフライドエッグを注文した。カイガタとはカツ丼を煮るような小さな小鍋で作る目玉焼きでイサーン地方で多く食べられている朝食のひとつ。小さめのバケットのようなパンとコーヒーで朝食を済ませバスターミナルに戻った。

9時発のビエンチャン行きのバスでウドンタニーを出発。日曜日の朝早い時間のせいか車内は空席が目立つ。1時間ほどでタイ・ラオス友好橋に到着。バスを降りイミグレーションでタイの出国スタンプをもらう。イミグレーションのオフィスビルを出たところでウドンタニーから乗ってきたバスに再び乗車。バスの運転手が人数を確認するので置いて行かれることはないと思う。鉄道と共用の橋は左側通行だ。ゆっくりと橋を越えラオス側のイミグレーションに到着。昔は対岸のタードゥアまで渡し船でメコンを越えたのだが、メコンの流れを眺め国境を越える旅の醍醐味を味わうこともなくあっという間に到着。

ラオス側に着くと橋の通行料?としてICカードのようなチケットを買わないと行けない。入国カードもイミグレーションの窓口に「入国カードをくれ!」と言わないともらえない。イミグレーションの職員は無愛想で手際が悪いことが多い。ラオス語で「サバイディー」などといっても笑うことすらない。無事に入国スタンプを押してもらい。自動改札のようなゲートを通る。ここでさっき購入したカードを挿入する。イミグレーションを出たところで再びバスに乗り込み、ビエンチャンのタラートサオのバスターミナルに向かう。タラートサオまでは30分ほどだ。風景はそんなに変わらないのだがタイとの違いを感じてしまう。時間の流れも違うように感じてしまうのはなぜだろうか。

THL_002著者撮影  イサーンの朝はカイガタから始まる

THL_003著者撮影  ウドンタニー発ビエンチャン行きの国際バス

THL_004著者撮影  メコン川を越える。左側がタイで右側がラオス

THL_005著者撮影  ラオスといえばフランスパンだ

 
(text & photo : 中島貴義)

 

熱帯写真家フォトエッセイ「アジアの街角から」
その他の記事を読む>

この記事のタグ

  • ビエンチャンの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

厳選!シェムリアップの人気ローカル食堂5軒

はやい、うまい、安いが自慢♪

厳選!シェムリアップの人気ローカル食堂5軒
東南アジアの世界遺産 知っておきたい宗教のこと

知ればもっと楽しめる!

東南アジアの世界遺産 知っておきたい宗教のこと
「アジアのベストレストラン50」2017 第1位はタイの「ガガン」に決定!

ベストレストランを食べ歩こう!

「アジアのベストレストラン50」2017 第1位はタイの「ガガン」に決定!
バンコク発ワンデイトリップにおすすめ!焼き物とお菓子の島「クレット島」

ノスタルジックな雰囲気を味わおう

バンコク発ワンデイトリップにおすすめ!焼き物とお菓子の島「クレット島」
近々国際空港ができる? フィリピン・パングラオ島に注目!

ワイルド&カラフルなダイビングスポット

近々国際空港ができる? フィリピン・パングラオ島に注目!
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu