TRIPPING! トップ × ASEAN × タイ × 次は何が出てくる?予想不可能なタイファッションの「いま」 : 後編
2014.11.28 10:17
この著者の記事 77th rotsaniyom sretsis TRIPPING!ファッションコラム スレトシス タイ ファッション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

77th_001
©77th jewelry

今や一歩先行くタイはなぜこんなにおしゃれに?

最新のファッションを語るときに、東南アジア、特にタイが真っ先に出てくるようになったのは、いつからなのでしょうか?
今や日本と並ぶ、もしくはそれ以上に世界中から注目されるブランドを数多く有するその理由は・・・

 

1) コレクションをやっているようなブランドのデザイナーはもちろん、多くのアーティストに海外留学経験がある。
2) 規制や、こうでなくてはいけない・・・という感覚があまりないから大胆なデザインに挑戦しやすい。
3) 生産コストがかかりにくいため色々な事に挑戦できる。

 

特に1)の理由は大きく影響していると言えます。裕福な恵まれた環境で育ち、親の支援を受け、NY、ロンドン、アントワープなどThe ファッション最先端の国で世界中の才能ある学生と同じ教育を受けているデザイナーが数多くいます。そのため、元々自分たちの持つストリート感やガーリー感に欧米の感覚をうまくミックスし、独自のファンタジックでエキゾティックなスタイルを生み出せるのではないでしょうか?
 

77th
©77th jewelry
デザイナーのlittleとearthの手がけるコスチュームジュエリーブランド「77th」の14AWコレクション“60’s LOVE CALLING”より。何を隠そう筆者がタイブランドにハートを奪われるきっかけとなったブランド instagram.com/little77th

 

インスパイアはされつつも、ただ世界のトレンドを追いかけるだけだったり、間違いなく売れる王道を目指すだけではない彼らの姿勢。自分の美的感覚を優先させ、自らトレンドを作り出そうとする・・・決して簡単なことではないのですが、多くのデザイナーが挑戦したいと純粋に思うそんなことを、そのまま実行し表現している。それが今のタイファッションと言えます。

 

rotsaniyom
©rotsaniyom WHITE LABEL
タイ語で“個人の好みやテイスト”という意味の「rotsaniyom」のWHITE LABELより。デザイナー夫婦もとても魅力的で2人のスタイルが形になった服は白をベースにオリジナルテキスタイルやレースが特徴で、そのヴィンテージドレスのような美しさは目を見張ります。www.rotsaniyom.com 

 

日々進化していくタイファッション。これからも目が離せない存在です!
 

前編:タイファッションnow

(Text : Naoko Tsunashima)

 
 
<タイ旅行中にショッピングに行こう!>
今回ご紹介した各ブランドのタイ国内店舗はこちら

◯77th jewelry
siam center(サイアム・センター店)
Emporium(エンポリアム店)

◯rotsaniyom WHITE LABEL
siam center(サイアム・センター店)
 

77th_001
77th_003
77th_002
77th
rotsaniyom
facebook facebook facebook facebook
  • タイの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

運河ボートで行くバンコクローカル散策!〜黄金の丘 参拝と絶品パッタイ〜

定番コースとはひと味違ったモデルコース

運河ボートで行くバンコクローカル散策!〜黄金の丘 参拝と絶品パッタイ〜
カリっと焼いたパンと具材の相性抜群!ハノイの人気バインミー店

味よし、雰囲気よし、サービスよし!

カリっと焼いたパンと具材の相性抜群!ハノイの人気バインミー店
ホーチミンの5つの市場を特徴&見どころ別に紹介!

ベトナムパワーを感じに行こう!

ホーチミンの5つの市場を特徴&見どころ別に紹介!
バンコクに「ノボテル バンコク スクンビット20」がオープン

スクンビットに誕生したミッドスケールホテル

バンコクに「ノボテル バンコク スクンビット20」がオープン
ニタリとの遭遇率は世界ナンバー1!セブ島北端沖のマラパスクア島

サメ好きダイバーが注目

ニタリとの遭遇率は世界ナンバー1!セブ島北端沖のマラパスクア島
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu