TRIPPING! トップ × ASEAN × シンガポール × 旅行者必見!シンガポールのヘイズ(煙害)対策について
Loading
2015.10.7 18:34
YUKO:会社員(在住6年目)
この著者の記事 シンガポール旅行豆知識
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12092754_481618605333175_1773122073_n

有名な観光名所も多く、子供にやさしい国でもあり、近年、日本人観光客にも人気の旅行先であるシンガポール。その一方で、毎年4、5月頃から10月頃までの乾季の時期には、おもにインドネシア・スマトラ島からの煙害(以下、ヘイズ)に悩まされているのも事実です。

本文を読む


今年は例年にも増して、長期的かつ継続的にシンガポールの街は白く煙り、旅行者や居住者の健康被害が懸念されていると思われます。ヘイズは、一見インドネシアだけの問題とも思いがちですが、シンガポール在住の私たちにも密接に関わっているのです。では、ヘイズとは一体どんなものなのでしょうか。

 

ヘイズ(Haze)とは??

12077301_481618585333177_190405226_n

一般的にヘイズとは、インドネシアでの大規模な野焼きや森林火災により生じた煙害を指します。インドネシアはアブラヤシ農園の開発のために毎年野焼きを行いますが、そのアブラヤシの果実からは植物油であるパーム油(植物油脂)が得られ、その植物油脂は、食品、化粧品、デオドラントなどとして形を変え、私たちの生活に浸透しています。そう考えると、インドネシアと近隣諸国だけの問題のみならず、地球全体に関わる問題と言っても過言ではないはずです。こちらのWWFのサイトもご覧ください。

 

汚染度を測るPSI(Pollutant Standards Index)とは??

ヘイズによる大気汚染指数をシンガポール政府はPSI(Pollutant Standards Index)という数値を用いて発表しています。現在のPSI数値を把握するサイトとしては、シンガポール政府機関の公式サイトでご覧いただけます。

 
0‐50    良好な大気状態(Good)

51-100  やや不良な大気状態(Moderate)

101-200  不健康な大気状態(Unhealthy)

201-300  非常に不健康な大気状態(Very unhealthy)

301‐    危険な大気状態(Hazardous)

 

ヘイズの危険性とは?

100を超えると人によっては、きな臭さを感じたり、肌がひりひりしたり、目が痛くなったり、咳が出やすくなったりします。ただ、特にお子さんや妊娠中の方、高齢者の方や、アレルギー体質の方は気を付けましょう。その理由に、ヘイズにはPM2.5が含まれており、吸い込むと肺の奥まで届くため、喘息や気管支炎などを引き起こし、呼吸器系疾患や循環器系疾患などのリスクも高まる可能性があるのです。

ヘイズが観測史上最高値だった2013年6月、PSI(Pollutant Standards Index)は401を記録しました。その時は、白いというよりも、街が黄色く染まっていたのが鮮明に記憶として残っています。今年、2015年はそれに次ぐに等しく、先月9月25日にはPSI 322を記録しています。この日の前日24日に、シンガポール教育省からも通達があり、シンガポールの公立幼稚園、小学校、中学校は休校が決定しました。しかも今年9月は1か月のうち、PSIの数値が100を超えていた日数は23日もありました。

 

N95マスクで対策を!

12067877_482355561926146_1529429363_n_

普段は、常夏の国シンガポールでは風邪などでもマスクを着用する方々はほとんど見られませんが、ヘイズのひどい乾季の時期は、売り場から空気清浄機やマスクが売り切れてしまうこともあります。また今年2015年は、N95マスクを着用する現地の方も多いように思われます。そんな現地の人々に人気のマスクがこちらのAIR+。マスクは在庫があるものの売り切れ続出、別売りの換気装置は今のところなかなか入手が難しくなっています。

 
乾季の時期にシンガポールを旅行、訪問される計画のある方は、PM2.5を防御するN95のマスクを日本からお持ちできたらお持ちいただくことをお勧めします。シンガポールでも購入は可能ですが、ヘイズがひどい時は売り切れます。せっかくの旅行でヘイズがひどく、外出を控えることになっては残念ですが、PSIが高い日はマスク無しで観光することは要注意です。

シンガポール滞在を楽しむためにも、念のためのマスク持参、着用をお薦めします。天気や風向きによってもかなり数値が変わりますので、定期的にPSI数値をチェックしてみてください。

 

尚、今回のヘイズ(煙害)悪化を受けて、外務省は専門家をシンガポール、マレーシアに派遣し、在留邦人に向けて健康安全講話を10月9日〜11日まで行うとのことです。詳しくは、外務省のホームページをご覧ください。

 

この記事のタグ

シンガポール旅行豆知識
  • シンガポールの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」

インドネシア・ジャワ島の観光名所

“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」
伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」

ホテルから選ぶわたしの旅

伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」
ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情

映画から知るタイ

ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情
世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く

行ってきました!カンボジア子連れ旅行 

世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く
バリ島・ウブドの熱帯雨林に抱かれた「星のやバリ」へ

ホテルから選ぶわたしの旅

バリ島・ウブドの熱帯雨林に抱かれた「星のやバリ」へ
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu