TRIPPING! トップ × ASEAN × ミャンマー × 少数民族に会いに行こう!~その4 トレッキング&3つの村巡り編~
2014.4.30 11:01
山崎郁馬:現地旅行会社勤務
この著者の記事 アカ族 アン族 ラフー族 少数民族
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0382

 

今度はより奥地へ進み、さらに少数民族の村々を訪ねます。

訪れるのはラフー族、アン族、アカ族の村々です。

 

チャイントォンから約1時間行くと、トレッキングのスタート地点ラフー族の村に着きます。

田舎の村といった趣です。純朴な村で、子供たちの笑顔が印象的です。

IMG_0313

ここからトレッキングはスタート。途中滝で休憩をしながら約1時間ほど山を登って行きます。

IMG_0347

決して楽な道のりではありませんので、休み休み登って行くと、突然村が現れます。

アン族の村に到着です。

IMG_0392

IMG_0469

アン族では今でも精霊を信仰しています。村の外に引っ越したり、子供が学校へ行くのは精霊の怒りを買うとされ、原則村の中で生涯を過ごします。

IMG_0452

IMG_0458

一年に一度(11月頃)、祈祷師が精霊を下ろすお祭りがあります。精霊は村の誰かに取り付き、様々な助言などを村に与えます。その取り付かれた村人が次代の祈祷師になる修行を受けることになるそうです。またその日は村を挙げてのお祭り。山で狩りをして穫れた動物を囲み2日にわたり大騒ぎするそうです。外国人も参加出来るそうなので、可能であれば私も参加したいと思います。

IMG_0418

そんな今なお原始の生活を守っているアン族の村をあとにし、今度は山を下りて行きます。約45分で

IMG_0503

アカ族の村に到着。

IMG_0521

アカ族はとても特徴的な民族衣装で有名です。

今回は特別に試着させてくれました。

IMG_0587 IMG_0546

それぞれ女性と男性の衣装です(着ているのは共に旅した日本人の友人です)

みなさんもぜひ民族衣装着てみてください!

–少数民族に会いにいこう! 他の記事はこちら–

少数民族に会いにいこう! その1出発編

IMG_0421

少数民族に会いに行こう!〜その2 到着&パラウン族訪問編〜

IMG_0189

少数民族に会いに行こう!~その3 トレッキング&2つの村巡り編~

IMG_0644

少数民族に会いに行こう! ~その5 ローカルマーケットで見つけたもの~

IMG_0709

IMG_0382
IMG_0347
IMG_0313
IMG_0392
IMG_0458
IMG_0418
IMG_0452
IMG_0469
IMG_0546
IMG_0503
IMG_0587
IMG_0521
facebook facebook facebook facebook
  • ミャンマーの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

運河ボートで行くバンコクローカル散策!〜黄金の丘 参拝と絶品パッタイ〜

定番コースとはひと味違ったモデルコース

運河ボートで行くバンコクローカル散策!〜黄金の丘 参拝と絶品パッタイ〜
カリっと焼いたパンと具材の相性抜群!ハノイの人気バインミー店

味よし、雰囲気よし、サービスよし!

カリっと焼いたパンと具材の相性抜群!ハノイの人気バインミー店
ホーチミンの5つの市場を特徴&見どころ別に紹介!

ベトナムパワーを感じに行こう!

ホーチミンの5つの市場を特徴&見どころ別に紹介!
バンコクに「ノボテル バンコク スクンビット20」がオープン

スクンビットに誕生したミッドスケールホテル

バンコクに「ノボテル バンコク スクンビット20」がオープン
ニタリとの遭遇率は世界ナンバー1!セブ島北端沖のマラパスクア島

サメ好きダイバーが注目

ニタリとの遭遇率は世界ナンバー1!セブ島北端沖のマラパスクア島
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu