TRIPPING! トップ × ASEAN × インドネシア × インドネシアの観光ビザ免除プログラムがスタート
Loading
2015.6.18 16:06
この著者の記事 ビザ ビザ免除
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

14i-48-16
バリ島      ©ASEAN-Japan Centre

インドネシア政府は、これまでの短期訪問ビザ免除対象国15ヶ国に加え、日本を含む30か国に対して短期訪問ビザ免除プログラムを制定し、実施をスタートした。これにより、条件を満たす渡航者は、ビザを取得する必要がなくなり、ビザフィー35US$の支払いも免除される。

本文を読む


そこで、短期訪問ビザ免除プログラムの対象になる条件についてチェックしよう。

 
■滞在期間は、到着日を含め最長30日間で滞在期間の延長不可。

■観光目的の入国に限る。

■入国の際は、入国時にパスポートの残存有効期間6ケ月以上、連続した空白の査証欄が3ページ以上と、インドネシア出国用の航空券が必要。

■ビザ免除による入国可能な入国審査チェックポイントはこちら。
—————————————————–
●国際空港

1. ジャカルタのスカルノ‐ハッタ空港
2. デンパサールのングラ・ライ空港(バリ島)
3. メダンのクアラナム空港(北スマトラ)
4. スラバヤのジュアンダ空港(東ジャワ)
5. バタム島のハン・ナディム空港(リアウ諸島)

●海港
1. スリ・ビンタン港(タンジュン・ピナン / ビンタン島)
2. セクパン港(バタム島)
3. バタム・センター港(バタム島)
4. タンジュン・ウバン港(ビンタン島)

※上記以外の空海港では、ビザ免除での入国は不可。

 
尚、31日以上の観光や、社会文化訪問(親族、社会文化団体、教育機関訪問、学会出席)、商用訪問(会社訪問、商談、会議出席等の目的で就労を伴わないもの。但し、工場訪問は不可。)、政府用務、ボランティア等が目的の入国の場合は、現行どおり到着ビザ/VOA(到着時に取得可能。35米ドル、30日間有効、現地にて更に30日に限り延長可能。)を利用する必要があるので注意。

12i-39-19-680x453
ジャカルタ     ©ASEAN-Japan Centre

12i-39-9-680x453
ボロブドゥール遺跡     ©ASEAN-Japan Centre

 
詳しくはこちら
インドネシア共和国観光省公式ページ>

この記事のタグ

ビザ ビザ免除
  • インドネシアの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

ホーチミンのローカルな市場5つを周辺の見どころと合わせて紹介!

ベトナム人の生活が垣間見える!

ホーチミンのローカルな市場5つを周辺の見どころと合わせて紹介!
待望のタイ人Jリーガー!タイ代表のスター選手がコンサドーレ札幌に加入

注目のプレーヤーが日タイを繋ぐ

待望のタイ人Jリーガー!タイ代表のスター選手がコンサドーレ札幌に加入
バンコクの地元民が溺愛する「絶品ガイヤーン」食べ比べ

バンコク一旨いガイヤーンを探せ!

バンコクの地元民が溺愛する「絶品ガイヤーン」食べ比べ
リーズナブルなのに素敵!シェムリアップの極上ブティックホテル5選

1泊100ドル前後で泊まれる♪

リーズナブルなのに素敵!シェムリアップの極上ブティックホテル5選
ピンクが可愛い!バンコクのフォトジェニックカフェに行こう

最新おしゃれスポットへ

ピンクが可愛い!バンコクのフォトジェニックカフェに行こう
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu