TRIPPING! トップ × ASEAN × シンガポール × アフタヌーンティーに美術館だって親子で楽しめるのがシンガポール!
Loading
2016.6.28 18:00
行って来ました!シンガポール子連れ旅行 vol.4

アフタヌーンティーに美術館だって親子で楽しめるのがシンガポール!

この著者の記事 シンガポール子連れ旅行 子連れ旅行 行って来ました!シンガポール子連れ旅行 特集
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20160614_1183ナショナルギャラリー・シンガポール  photo:Aiko Suzuki

シンガポールが初めての海外旅行、ハルちゃん(5歳)との旅行記。旅の4日目は優雅にシンガポールを堪能。まずはホテルのプールでのんびり水遊びからスタート!

本文を読む


 

【4日目 午前中】 ホテルのプールでのんびり水遊び

20160616_0100photo:Aiko Suzuki

アクティブに動き回った2日目、3日目とは一転、4日目の午前中はのんびりモード。とにかくプールが大好きな子供は、パパと一緒に水遊び。その間にママは、自分へのご褒美にホテルスパを利用するのもおすすめ。

20160616_0190ホテルのプールでのんびりするのも最高に贅沢な時間   photo:Aiko Suzuki

今回は、滞在先の美しいヘリテージホテル「フォート・カンニング・ホテル」のキッズプールで水遊びを満喫。エレガントなラグジュアリーホテルでも、水深の浅いキッズプールが必ずといっていいほど完備されているのもキッズフレンドリーな国、シンガポールならでは。

フォート・カンニング・ホテルの詳細はこちら>

 

【4日目 14:00】 お洒落して名門ホテルのアフタヌーンティー体験

20160614_1435在住日本人にも人気のグッドウッド・パーク・ホテルのアフタヌーンティー   photo:Aiko Suzuki

イギリス統治時代の影響で、アフタヌーンティーやハイティーの文化が色濃く残っているシンガポール。今回は、1900年に開業した由緒ある5つ星ホテル「グッドウッド・パーク・ホテル」のアフタヌーンティーへ。コロニアル建築の美しいホテルは、どこをとっても絵になり、思わずうっとり。親子でお洒落して出かけたい。

20160614_1378サンドウィッチなどの軽食も充実しているので遅めのランチにもぴったり   photo:Aiko Suzuki

ホテルの中庭に面した優雅なカフェ「レスプレッソ」のアフタヌーンティーは、サンドウィッチやサラダ、ペストリー、デザート、チョコレートファウンテン、英国の伝統的なスコーンが美しく並ぶブッフェサービスで提供。飲み物はコーヒーまたは紅茶(2杯分)がセットになり、紅茶はTWGの茶葉の中からお好みのものを選ぶことができる。平日のアフタヌーンティーは大人45S$(約3,375円)、11歳以下の子供は22.5S$(約1,690円)、6歳未満の子供は無料。

20160614_1443優雅にアフタヌーンティーを楽しむハルちゃん   photo:Aiko Suzuki

グッドウッド・パーク・ホテル「レスプレッソ」の詳細はこちら>

 

関連記事



関連記事

  • シンガポールの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」

インドネシア・ジャワ島の観光名所

“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」
伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」

ホテルから選ぶわたしの旅

伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」
ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情

映画から知るタイ

ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情
世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く

行ってきました!カンボジア子連れ旅行 

世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く
バリ島・ウブドの熱帯雨林に抱かれた「星のやバリ」へ

ホテルから選ぶわたしの旅

バリ島・ウブドの熱帯雨林に抱かれた「星のやバリ」へ
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu