TRIPPING! トップ × ASEAN × ラオス × アジアの街をゆく~ラオス北部のウドムサイ~
Loading
2016.4.5 23:06
中島貴義:熱帯写真家
この著者の記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UDX_001著者撮影  朝靄のウドムサイの風景

夜行寝台バスはウドムサイの郊外にあるバスターミナルに到着した。ビエンチャンから16時間の長旅だった。

本文を読む


乾季のウドムサイは早朝は10℃以下まで気温が下がることもある。バスを降りると吐く息が白かった。街までは5kmほどあるのだが、時間が早いこともあり歩いて行くことにした。朝の冷え込みのせいか、朝靄の風景が美しい。こうした風景に出会えるのは気ままな旅の醍醐味だと思う。一時間ほど歩くと街に着いた。中国語の看板が目立ち、中国ナンバーの車も多く見かける。中国は、マイカー旅行ブームだそうでこうやって隣国ラオスに旅行に来るのだろう。中国市場もあった。ウドムサイの物資はほぼ中国製が多いのだろう。

ゲストハウスに荷物を置き街に出た。ツーリストインフォメーションがあったので寄ってみると日本語で書かれた手書きのイラストマップがあった。青年海外協力隊で派遣されている日本人が作ったそうだ。その地図に載っていたカオソーイの美味しいお店に行ってみる。カオソーイはタイ北部チェンマイの名物でココナッツミルクとカレー風味のスープの麺だが、ラオス北部(主にルアンパバーン)でも食べられている。ラオスのカオソーイは、タイのとは違い普通のスープで発酵味噌ペーストがトッピングされている。看板もない普通の食堂だが空腹のせいもありとても美味しく感じた。

夕方、ウドムサイ唯一の観光スポットでもある「プー・タート」に行った。小高い丘の上にお寺があり、ウドムサイの街が見下ろせ夕陽スポットとして有名らしい。ゲストハウスのすぐ前にあり10分ほど階段を登ると頂上についた。仏塔と仏像がありお寺があった。山に沈む夕陽なので水平線に沈む夕陽のようにダイナミックではないけど旅先で見る夕陽は心に残るものが多い。翌朝、カオソーイを食べ、再びプータートに登りウドムサイの街を眺めた。観光地でもないけど見知らぬ街を訪れ、名もない食堂でローカルフードを食らい、あてもなく街を彷徨う。自分の中に旅の記憶として刻まれてゆく。そんな旅があってもいいと思う。

UDX_002著者撮影  ラオスのカオソーイ

UDX_003著者撮影  プータートの丘にある仏塔

UDX_004著者撮影  プータートから眺める夕陽

UDX_005著者撮影   ウドムサイの街を流れるコー川

 
(text & photo : 中島貴義)

 

熱帯写真家フォトエッセイ「アジアの街角から」
その他の記事を読む>

この記事のタグ

  • ラオスの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

ホーチミンのローカルな市場5つを周辺の見どころと合わせて紹介!

ベトナム人の生活が垣間見える!

ホーチミンのローカルな市場5つを周辺の見どころと合わせて紹介!
待望のタイ人Jリーガー!タイ代表のスター選手がコンサドーレ札幌に加入

注目のプレーヤーが日タイを繋ぐ

待望のタイ人Jリーガー!タイ代表のスター選手がコンサドーレ札幌に加入
バンコクの地元民が溺愛する「絶品ガイヤーン」食べ比べ

バンコク一旨いガイヤーンを探せ!

バンコクの地元民が溺愛する「絶品ガイヤーン」食べ比べ
リーズナブルなのに素敵!シェムリアップの極上ブティックホテル5選

1泊100ドル前後で泊まれる♪

リーズナブルなのに素敵!シェムリアップの極上ブティックホテル5選
ピンクが可愛い!バンコクのフォトジェニックカフェに行こう

最新おしゃれスポットへ

ピンクが可愛い!バンコクのフォトジェニックカフェに行こう
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu