TRIPPING! トップ × ASEAN × インドネシア × 海底でフィッシュウォッチング!インドネシア・レンベでダイビング
Loading
2016.4.15 09:25
古関 千恵子:ビーチライター
この著者の記事 インドネシアダイビング ダイビング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1_DSC0334MH黄金の魚、バンガイカディナルフィッシュはインドネシアの固有種  写真:原田雅章

インドネシアのスラウェシ島といえば、西海岸のメナドが有名だけれど、今回はちょうど背中合わせの東に位置するビトゥンという港町の北に位置するレンべにスポットを当ててみましょう。

本文を読む


 
ヒドゥンの北にある漁村とレンべ海峡を挟んだ沖に浮かぶ、南北約20キロの細長い島、レンべ島。このエリアはもともとは漁村が点在する程度の素朴な島だったのが、1990年代、ヨーロピアンダイバーによって火が付き、また、以前はマクロ生物に見向きもしなかった欧米人が「マックダイビング」が楽しい!!とマクロレンズで生物を撮り始めたのがここレンベ。マックダイビング発祥の地としても有名なのです。今ではリゾートを20軒近くまで数えるほどに成長しています。

3_DSC_2704MHよく見ると、あどけない表情のベニカエルアンコウの姿が  写真:原田雅章

レンべはどんな吸引力でダイバーを引き寄せたのでしょう?
“マックダイビング”の面白さを世界中に広めたのが、実はこのレンべ。“マックダイビング”とは泥砂の海底でのフィッシュウォッチングのことを指します。大物や色鮮やかなサンゴにリーフフィッシュといった華やかさはないけれども、知れば知るほど、奥深くハマってゆく楽しさがあるのです。

4_DSC_2823MHサンゴの枝の一部になり切っているピグミーシーホース  写真:原田雅章

 

  • インドネシアの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

タイのリゾート「ホアヒン」でプミポン国王の足跡を辿る

タイ王室リゾート「ホアヒン」 前編

タイのリゾート「ホアヒン」でプミポン国王の足跡を辿る
ベトナム最後の秘境!?コンダオ島のビーチリゾート

手つかずの大自然に抱かれる

ベトナム最後の秘境!?コンダオ島のビーチリゾート
2017年の大型連休と連休中にベストシーズンを迎える旅先は?

今年の海外旅行どうする!?

2017年の大型連休と連休中にベストシーズンを迎える旅先は?
カンボジアのハーバルスチームサウナ「チュポン」で心もお肌もピカピカに♪

女性にうれしい効果がいっぱい!

カンボジアのハーバルスチームサウナ「チュポン」で心もお肌もピカピカに♪
ホーチミン郊外のソーセージ屋台「Xuc Xich Duc Mr.Dieters」

ドイツ人店主お手製のソーセージ入り!

ホーチミン郊外のソーセージ屋台「Xuc Xich Duc Mr.Dieters」
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu