TRIPPING! トップ × ASEAN × インドネシア × インドネシアへの旅行がもっと便利に!日本人の観光ビザ免除を検討開始、来年施行へ
Loading
2014.11.19 14:21
この著者の記事 インドネシア ビザ ビザ免除
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

02i-6-94_Fotor
©ASEAN-Japan Centre

インドネシアといえば東南アジア屈指のリゾート・バリ島をはじめ、世界遺産ボロブドゥールを有するジョグジャカルタなど、日本人にとって人気の旅行先であり、現在日本からの渡航者数は、シンガポール、マレーシア、オーストラリア、中国に次いで5位にランクされている。(2013年実績 参照元:インドネシア共和国観光省HP

12i-39-19
ジャカルタ ©ASEAN-Japan Centre

しかしながら、2014年11月現在、日本人旅行者はインドネシア入国の際に、観光ビザを取得することが義務付けられている。空港到着時にビザの取得が可能ではあるものの時期によって窓口は混雑し、更にUSドルでの支払いが必要なため、あらかじめUSドルを用意しておく必要がある。(ビザフィー:US$35.00)
※日本円での支払いも可能ではあるが、USドルが推奨されている。

Denpasar_Fotor
左:空港内ビザカウンター 右:バリ島の玄関口「デンパサール空港」

今回、観光ビザの免除が検討されているのは、日本を含む5カ国。(日本、中国、韓国、ロシア、オーストラリア)いずれもインドネシアにとって重要なマーケットで、これらの国に対する観光ビザ免除は2015年始めに開始される見込み。

インドネシア政府は「日本人訪問者がバリ島のみならず、例えばラジャ アンパット、中部ジャワ(ジョグジャカルタ、ソロ、ボロブドゥール)、マナド、バンドゥン、ロンボク、コモド島等といった、インドネシアの他のデスティネーションも同様に旅行する事を切に望んでいる」と発表。

12i-39-9
ボロブドゥール遺跡 ©ASEAN-Japan Centre

今年12月1日からは、インドネシア人に対する訪日時の観光ビザ免除も決定しており、両国間における関係強化、また市民レベルでの関係促進の必要性を両国が重要視していることが伺える。

「旅行」を通してインドネシア人と日本人の文化交流が今迄以上に実現していくことが期待できそうだ。

 

>>TRIPPING! インドネシア情報はこちら

 

こちらも合わせてCheck!

>>【MY HOTEL CHOICE in ロンボク島】プライベート空間でのんびりホテル&ヴィラ

>>【わたし流Airbnbスタイル】バリ島ウブドのヴィラで極上プライベートタイムを楽しむ

 

facebook facebook facebook facebook

この記事のタグ

インドネシア ビザ ビザ免除
  • インドネシアの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

ピンクが可愛い!バンコクのフォトジェニックカフェに行こう

最新おしゃれスポットへ

ピンクが可愛い!バンコクのフォトジェニックカフェに行こう
“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」

インドネシア・ジャワ島の観光名所

“世界の七不思議”にも選ばれた世界遺産「ボロブドゥール遺跡」
伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」

ホテルから選ぶわたしの旅

伝統と格式が宿る5つ星ホテル「アナンタラ・サイアム・バンコク」
ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情

映画から知るタイ

ヒット映画に垣間見る、LGBTQ先進国 タイの「性」事情
世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く

行ってきました!カンボジア子連れ旅行 

世界遺産ニスト、3歳女子とアンコール・ワットへ行く
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu