TRIPPING! トップ × ASEAN × タイ × ホアヒン × バンコクから200kmで行けるリゾートで、滞在型のホテルライフを!
2014.5.26 12:51
NatJanG:タイ在住11年目
この著者の記事 Anantara Hua Hin アナンタラ ビーチフロント プール ホアヒン ホテル ホテルステイ リゾート 滞在
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Pic1

ロイヤルリゾート

バンコクから約200km離れたホアヒンは、古くから王室の保養地として発展
していて、街が気品溢れるリゾート地。

今回はそんなホアヒンで、大人のホテルライフをご提案。

本文を読む


仕事、仕事でぐったりの日々。
旅行はひたすらゆっくり休みたい。

ボーッと大きなプールに浸かりながら。
目の前に広がる大きな海を眺めながら。

Pic2

アナンタラ・ホアヒン・リゾート&スパ

タイに昔からある海辺の村をイメージしたという敷地内は、とにかく広々。
丁寧にお手入れされている木々は、生命力がたっぷりで、エネルギーをもらえる。

そして、アナンタラご自慢の、大きな大きなプール。

Pic3

プールの先には、ビーチとどこまでも続く広い海が広がっていて、
どちらも一度に楽しめる贅沢。

Pic4

こちらのリゾートでは、ラグーンルーム以上のクラスに宿泊すると以下の特典が利用出来る。

-大人専用のラグーンプール
-選べる朝食(朝食会場か、ルームサービスか、ラグーン専用レストラン)
-ラグーンバーでのアフターヌーンティ ドリンク
-朝のヨガ(要予約)
-室内でのチェックイン手続き
-市内への無料送迎サービス
-午後4時までのレイトチェックアウトサービス
などなど

特典の中でも、ラグーンバーでのアフターヌーンティは、16:00-17:00までの限定サービス。

なんと、バーのドリンクメニューが全て無料で振舞われるという太っ腹ぶり!

 

Pic5

Pic6

つまめる軽食が数種と可愛らしいデザート、そしてもちろん、アルコール類もフリー!
ビールやワイン、カクテルを楽しんじゃおう。

翌朝は、8:00から開かれるヨガに参加。
緑いっぱいの広々としたガーデンで行われるヨガは、ビギナー向きなのでご安心を。

通常12時のチェックアウトだと、朝食を食べ終えたらバタバタと、タイムオーバーになってしまいがち。

しかし16時まで居られると、朝食のあとゆっくりプールに入ったり、部屋のバスタブで寛いだり、大きなベランダで読書したりと、もう半日分贅沢が残されている。

Pic8

これだけの特典がついていて、お部屋ももちろんグレードアップされているのに、スタンダードルーム+αの値段で楽しめるのは本当にお得!

30代からの旅行は、ホテルライフも楽しみのひとつに提案します!

Pic7

ホテルの看板鳥 アレックス

※ホテルの価格は予約サイトごとでバラツキがあるので、比較してみて。公式サイトよりも割安で出しているところもたくさんあります。

 

Pic1
Pic2
Pic3
Pic4
Pic5
Pic6
Pic7
Pic8
地図・詳細はこちら

アナンタラ・ホアヒン・リゾート&スパ

URL:http://huahin.anantara.jp/
電話番号:(+66)32-520-250
住所:43/1 Phetkasem Beach Road Hua Hin 77110

バンコクからは、バス、バン、鉄道、車などの行き方がありますが、1番簡単なのは、戦勝記念塔駅高架下にあるバン乗り場から行く方法。「HUA HIN」と書かれたボードを見つけるか、ホアヒン?と聞けば、乗り場まで連れて行ってくれます。所要時間は2.5-3時間程度。バス乗り場からは各自タクシー等で移動。

mapボタン

  • ホアヒンの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

運河ボートで行くバンコクローカル散策!〜黄金の丘 参拝と絶品パッタイ〜

定番コースとはひと味違ったモデルコース

運河ボートで行くバンコクローカル散策!〜黄金の丘 参拝と絶品パッタイ〜
カリっと焼いたパンと具材の相性抜群!ハノイの人気バインミー店

味よし、雰囲気よし、サービスよし!

カリっと焼いたパンと具材の相性抜群!ハノイの人気バインミー店
ホーチミンの5つの市場を特徴&見どころ別に紹介!

ベトナムパワーを感じに行こう!

ホーチミンの5つの市場を特徴&見どころ別に紹介!
バンコクに「ノボテル バンコク スクンビット20」がオープン

スクンビットに誕生したミッドスケールホテル

バンコクに「ノボテル バンコク スクンビット20」がオープン
ニタリとの遭遇率は世界ナンバー1!セブ島北端沖のマラパスクア島

サメ好きダイバーが注目

ニタリとの遭遇率は世界ナンバー1!セブ島北端沖のマラパスクア島
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu