台湾
グルメ
味も確かなお店を厳選

台北旅行で行きたい! 美味しくフォトジェニックなレストラン3選

著者撮影

新年快樂!台湾ブロガーのコバシイケ子です。
いよいよ2020年もはじまりましたね!今年もどうぞよろしくお願いいたします。

台湾はお正月を旧暦で祝うので、毎年日が変わるのですが、今年は1/23~1/29までがお正月期間。22日が仕事納め、大晦日が1/24、1/25が春節(元旦)です。日本のお正月と同じように、ほとんどのお店が大晦日は早めに閉店、三が日は休業し、家族でゆったり過ごすのが台湾のお正月。
旅のプランニングも注意が必要です。
その時々で営業時間が変更になったりするので、この期間はガイドブックの営業時間も当てになりません(年中無休とあるのに休みだったりすることも多々)。お店のFBなどで最新の情報を確認の上お出かけするのをおすすめします(コンビニ、ホテルのレストランなどはほぼ営業しています)。

さて、前置きが長くなりましたが、今回は新年にちなんで写真映えする華やかなレストランをご紹介します!インテリアが特徴的だけではなく、もちろん料理の味もばっちり。人数を集めて、わいわい楽しむのにぴったりなレストラン。グループ旅行におすすめです!ぜひ色々なメニューを楽しんでみてくださいね!

本文を読む


 

台湾小吃をスタイリッシュに!「貓下去敦北俱樂部」

著者撮影

台北のお洒落レストランと言えば名前のあがる「貓下去(マオシァチー)」。2009年に開業し、現在の場所に2016年移転してきました。お酒も楽しめ、ランタンがぶら下がるアジアンテイストの内装もスタイリッシュな煌びやかさと融合し、一歩足を踏み入れるだけで気持ちが高まります。

著者撮影 トロフィーに入っているのはフライドポテト。この店の人気メニュー。

ここで味わえるのは創作台湾料理。台湾小吃と呼ばれる聞き覚えのあるB級グルメが貓下去のセンスでお酒にぴったりのお洒落な一皿に。麺料理が多いのも特徴で、ここにも台湾らしさを感じます。

著者撮影 オリジナルのクラフトビールとビールグラス

台湾の有名ビールブランド「金色三麦」とコラボしたクラフトビールもおすすめ。フルーティな味わいは飲みやすく、スタイリッシュな台湾料理との相性も言わずもがな抜群です。お店のロゴ入りの台湾ビールグラスは販売もしているそうなので、他では買えないプチギフトとしても喜ばれそうです。

貓下去敦北俱樂部

住所 台北市松山區敦化北路218號
電話番号 (+886)2-2717-7596
営業時間 11:00~15:00、17:30~0:00 ※月休
HP https://restaurant-55213.business.site/
地図 GoogleMapで確認する

 

ポップで可愛い飲茶レストラン「唐點小聚」

著者撮影

「唐點小聚」は香港からやってきた飲茶レストラン。ここの特徴は何といっても「フォトジェニック」!料理も店内も、写真を撮る手が止まりません(笑)。
明るい水色を基調とした店内はとてもカジュアルな雰囲気で、中でも人気なのが卓球台をテーブルにした座席。壁に描かれたパンダのイラストもインパクト大。年代問わず楽しめます。

著者撮影

2018年のオープン当初からSNSを中心に話題でしたが手の込んだ遊び心のある可愛らしい飲茶や本格的な創作中華の味は一度食べたら、次に誰かを連れてきたくなるようなレストランとして、その人気は衰えず。
というのも、ここを経営するのは台湾料理の名店で、大手レストラングループの「欣葉」。しっかりとしたバックグラウンドがあるからこその、素材のよさと美味しさを味わえます。

著者撮影 中央のパイナップルの器は提供時テーブルでまるごと燃やす演出が楽しめる。

メニューは写真入りで、日本語のものもあるので利用しやすいのもポイント。豊富なメニューはきっとどれもこれも食べたくなること間違いなし。人数多めの女子旅に特におすすめしたいレストランです。

著者撮影 人気スイーツのぶたのババロア。さらにこれにココナッツミルクが注がれる。

唐點小聚 市民店

住所 台北市大安區市民大道四段102號
電話番号 (+886)2-2771-5808
営業時間 平日11:00~15:00、17:00~22:00、土日11:00~22:00
HP https://www.shinyeh.com.tw/content/zh/Brand/
地図 GoogleMapで確認する

 

迪化街らしい漢方たっぷりの薬膳火鍋「本鼎堂 台式漢方麻辣鍋」

著者撮影

人気観光地「迪化街」がある大稻埕エリア。MRT北門駅から向かい、迪化街の商店街がはじまる、ひとつ手前の南京西路沿いにお店はあります。
お店のオープンは2019年3月とまだ新しく、まだそこまで日本のメディアや情報サイトでも紹介されているのを目にしたことがないので、比較的穴場なお店かもしれません。

著者撮影

台湾の古い民家と昔ながらの漢方薬店をテーマにした店内はひとつひとつデザインが違う竹細工の照明が印象的で、どこか懐かしさもありながら台湾らしさを感じるモダンなインテリア。「台湾のレストランで食事をしている」という気分をしっかりと味わえます。

著者撮影

こちらでいただけるメニューは火鍋。しかも迪化街で取り扱う漢方を主役にした薬膳火鍋。スープからはしっかりと特徴ある漢方の香りが強く主張するので、もしかしたら好き嫌いが分かれるかも知れませんが、その分クセになる美味しさ。薬膳に興味がある方や迪化街を歩いていて、漢方の香りに癒されるといったような人はぜひぜひ訪れてほしい。わたしはこのスープの味にすっかりはまってしまいました。

サイドメニューのルーロー飯も麻辣のしびれる辛さを味わえる特徴的な味わいで、ぜひこちらも合わせて注文してほしい一品です。

本鼎堂 台式漢方麻辣鍋

住所 台北市大同區南京西路277號
電話番号 (+886)2-2558-9991
営業時間 11:30~15:00、17:30~22:00 ※火休
HP https://www.facebook.com/bendinghotpot/
地図 GoogleMapで確認する

 
(text & photo : コバシイケ子)



何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます