台湾
グルメ
予約必須の人気店!

薬膳食材とコラーゲンがたっぷり!薬膳鍋の人気店「無老鍋」


©TRIPPING!
 
台湾に滞在中に一度は食べたいのが、健康にも美容にも効く薬膳鍋。数ある薬膳鍋店の中でも、在住者や台湾旅行リピーターに高く評価されているのが、台中発祥で現在は台北にも3軒の店舗を構える「無老鍋(ウーラウグォー)」だ。

本文を読む



©TRIPPING!

店名のインパクトも然ることながら、スープの旨さや具材の豊富さとクオリティー、店内の雰囲気の良さ、さらに納得の価格設定まで、バランスよく評価されていることもあり、どの店舗も予約必須の人気ぶり。特に夕飯で訪れる際は、早めに予約を入れておくのがベター。


©TRIPPING!

 

カラダに染み渡る薬膳スープ

鍋のスープは、冰淇淋豆腐鍋(アイスクリーム豆乳鍋)、麵包豆腐白湯鍋(パン豆腐白湯鍋)、無老辣香鍋スープ(辛味薬膳スープ)、2種類のスープを選んで同時に楽しめる「鴛鴦鍋(おしどり鍋)」の中から選ぶことができる。


©TRIPPING!

今回は、鴛鴦鍋(スープ:冰淇淋豆腐鍋 + 無老辣香鍋)を選んでみた。(179元/人+180元/テーブル)。

冰淇淋豆腐鍋は豚骨ベースのコラーゲンたっぷりのスープ。辛味はなく、マイルドな味わい。無老鍋の名物「アイスクリーム豆腐」が人数分ついてくる。スープが煮え切らないうちで鍋にいれ、少し溶けてきた状態で頂く。とろっとした不思議な食感がユニーク。


©TRIPPING!

無老辣香鍋スープ(辛味薬膳スープ)は、辣椒(ラージャオ)や花椒(ホアジャオ)などの辛いスパイスを加えて煮込まれた辛い薬膳スープ。


©TRIPPING!

どちらもベースは、八角や竜眼、クコの実、カルダモン、朝鮮人参、ナツメヤシなどがたっぷり入った薬膳スープで、テーブルに継ぎ足し用のスープが用意されている。


©TRIPPING!

 

豊富な具材にテンションアップ!


ラム(360元)©TRIPPING!


牛カルビ(780元)©TRIPPING!

鍋の具材が豊富なのも嬉しいポイント。肉は、牛や豚、鶏に加えて、ラムや鴨もラインアップ。さらにエビやホタテ、鯛などの魚介や、7種類もの肉団子、餃子や練り物まで、数えきれないほど。野菜の種類も多いので、野菜不足解消にもぴったり。台湾らしい野菜「水蓮菜(タイワンガガブタ)」も味わってみたい具材のひとつ。


©TRIPPING!

メニューはこちら>

スープにも味がついているが、お好みでタレにつけて食べるのも美味。タレや薬味は、専用スタンドからセルフサービスで取りに行くスタイル。ご飯も同じ場所に用意されている。


©TRIPPING!

 
旅のハイライトに、薬膳鍋の人気店でたっぷり栄養補給してみるのはいかがだろうか。

※写真の店舗は「台北市民店」

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

KEYWORD
注目キーワード