台湾
ショッピング
お土産選びの参考に♪

台北の空港で買える!アレンジパイナップルケーキ3選

著者撮影

台湾旅行の定番土産といえばなんといってもパイナップルケーキ。バターが香るソフトなクッキー生地に台湾産のパイナップル餡がぎゅっと詰まったお菓子です。
スーパーから専門店まで、街を歩けば至る所で入手可能ですが、まずは押さえておきたい3大ブランドは老舗の「佳德糕餅」、日本にも支店があり、酸味のあるパイナップル餡が特徴の「微熱山丘」、ホテルメイドの上品な味と美しいパッケージが特徴の「オークラプレステージ台北」といったところでしょうか。どれも間違いのない味で贈り物にもぴったりです。

本文を読む


今回は上記のようなスタンダードパイナップルケーキはすでに食べたことがあるという方にもおすすめのアレンジパイナップルケーキを集めてみました。どれも特徴があって味も美味!しかも空港(桃園国際空港)で買えるものばかりです。ぜひお土産選びの参考になさってみてくださいね。

 

どこまでも真っ黒!「維格餅家」の竹炭パイナップルケーキ


高級感のあるパッケージ 著者撮影

こちらは数々のパイナップルケーキを食べ歩いた台湾人ベテランガイドさんから教えて貰ったとっておき。維格餅家は万人受けする食べやすい味と、可愛らしいパッケージがお気に入りで、ここ最近購入することが多かったのですが、この竹炭パイナップルケーキの存在は教えてもらうまで全くのノーチェックでした。

お値段は6個入りで400元と比較的お高めですが、高級感のある黒と赤のパッケージが贈り物にぴったり。店内はパステルカラーのふんわりとしたデザインのパッケージが多い中、どこか硬派な雰囲気が漂います。


食べやすいスティックタイプ 著者撮影

形状は細長いスティックタイプで食べやすいのが特徴。竹炭粉が使用された生地は真っ黒で袋を開けた段階でなかなかのインパクト。ですが、実はこの商品の魅力はこれだけはありません。一口齧った時に現れるパイナップル餡までなんと真っ黒!さすがにここまで全てが黒いパイナップルケーキは他に類をみないのではないでしょうか。


中のパイナップル餡まで真っ黒! 著者撮影

パイナップル餡はパイナップルと冬瓜を混ぜ合わせた伝統的なタイプなので全体的に優しい甘さで、どなたにも好かれるタイプの味わい。見た目とのギャップにも面白さを感じられる商品です。

維格餅家 桃園国際空港第1ターミナル店

住所 桃園国際空港第1ターミナル 3階
電話番号 (+886)3-398-3899
時間 7:00〜22:00
HP https://www.vigorkobo.com/mobile_devices/jp_version/index.php

維格餅家 桃園国際空港第2ターミナル店

住所 桃園国際空港第2ターミナル 2階
電話番号 (+886)3-398-3788
時間 7:00〜22:00
HP https://www.vigorkobo.com/mobile_devices/jp_version/index.php

 

人気ベーカリー「一之軒」のチョコレートパイナップルケーキ


小さなパイナップルケーキが12個入り 著者撮影

「一之軒」は台北市内に現在約20店舗展開するベーカリー。焼きたてパンに、ケーキ、そしてパイナップルケーキや月餅などお土産にもぴったりな焼き菓子も豊富に揃う、ピンクの看板が目印のお店。桃園国際空港には第1ターミナルの地下1階、フードコートの中にあります。

スタンダードのパイナップルケーキは6個入りなど小さな箱入りのものも取り扱っているので大げさな感じではなく、でもちゃんとしたお土産をあげたい時に重宝しています。パイナップル餡には台農17号金鑚パイナップルを使用しているのがこだわり。甘さの中にほどよいパイナップルの酸味を感じられる風味が特徴です。


可愛らしいハート形 著者撮影

そんな一之軒のもうひとつのおすすめがチョコレートパイナップルケーキ。お店の看板と同じキュートなピンクがアクセントになった可愛らしい箱にはミニサイズのチョコレートパイナップルケーキが12個。しかも形はハート形。すべてがキュートで女性へのお土産にぴったり。


チョコとパイナップルの酸味がベストマッチ! 著者撮影

しっかりとしたチョコレート生地の風味とパイナップルケーキ餡の酸味がなんともベストバランスで小さいながらもぎゅっと美味しさが詰まっているところに一之軒の底力を感じます。お値段も180元とお手ごろ価格。気軽にトライできるのがうれしいですね。

桃園国際空港第1ターミナル店

住所 桃園国際空港第1ターミナル B1 美食広場内
電話番号 (+886)3-398-9892
時間 5:30〜22:00
HP https://www.ijysheng.com/activity/japan#

 

台東の米粉で作った一口サイズのパイナップルケーキ


1箱16個入りで2種類の味が楽しめる 著者撮影

「米藏一口鳳梨酥」は免税店「エバーリッチ」が開発したオリジナル商品。オレンジと赤紫の2種類のパッケージがあり、オレンジはコーヒーとかぼちゃ、赤紫はコーヒーとキヌアといった2つのフレーバーの生地を使用したパイナップルケーキが楽しめます。


かぼちゃの種とコーヒーがトッピング 著者撮影

製造は台東のベーカリー「親水軒」が行っており、台東産の胚芽米粉、フランス産のバターや海洋深層水を使用するなどこだわりの素材を使用しているところが特徴。中のパイナップル餡もパイナップルそのものの味を楽しめる酸味のある土鳳梨酥タイプで小粒ながらもパイナップルの味わいもしっかりと感じられます。

コーヒー生地は台東産のコーヒーを使用していて、粗めに挽いたコーヒーがなんともいいアクセントに。ぷちぷちとした食感がクセになります。


小さいが後味にはしっかりとパイナップルの味わいが残る 著者撮影

個包装になっていないため、ばらまき土産には向いていませんが、まさか免税店でこんなこだわりの商品が手に入るとはとはじめて食べた時にはちょっと感動を覚えた商品です。価格は380元。素材を活かした素朴な味わいは一般的なパイナップルケーキに比べると重くないのでナチュラルな感じのお菓子が好きな方には特におすすめしたい一品です。

エバーリッチ(桃園国際空港免税店)

住所 桃園国際空港第1ターミナル3階または第2ターミナル3階
電話番号 (+886)800-055-556 または (+886)3-398-3497(受付時間 8:00〜18:00)
時間 6:00〜23:00
HP https://www.everrich-group.com/airport/taoyuan?lang=ja_JP

 
(text & photo : コバシイケ子)

 



何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます