台湾
グルメ
台湾で食べたいB級麺料理の代表格

とろとろスープと豚ホルモンの相性抜群!「阿宗麺線」

©TRIPPING!

台湾B級グルメのひとつ「麺線」の超人気店と言えば、地元の人や観光客が連日行列を作る「阿宗麺線」だ。

本文を読む



©TRIPPING!

「麺線」とは、米で作られた素麺のような細麺「紅麺」をスープで煮込んでから片栗粉でとろみをつけ、豚のホルモンや牡蠣を乗せ、最後に黒酢や調味料で味付けをしてパクチーをトッピングする台湾のソウルフード。


©TRIPPING!

「阿宗麺線」の麺線は、鰹出汁がしっかり効いたとろみのあるスープと、柔らかく煮込まれ臭みが全くない豚の大腸を合わせた逸品。ほどよい酸味を感じる黒酢と、パクチーとのバランスもよく、レンゲが止まらなくなってしまう。(麺線は、箸ではなくレンゲで食べるのが一般的)


©TRIPPING!

©TRIPPING!

店のメニューは、麺線のみで、サイズは大(70元)と小(55元)から選ぶことができる。3種の調味料(チリソース、ガーリックソース、黒酢)が設置されているので、自分好みに調味したり、味変に利用するのも一案。


©TRIPPING!

尚、店はテイクアウト専門であるため回転は早いので、行列が出来ていてもそこまで時間がかからない。その場で食べる場合は、軒先を少し広くしたような空間で立ち食いスタイルで。


©TRIPPING!

気軽に立寄れるので、観光やショッピングの合間に小腹が空いたときや、時間がないときの朝食、飲んだ後の夜食にもおすすめだ。

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます